事務所サイトからのネット集客はできていますか?士業のwebマーケティング

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

先生の事務所サイトからは、安定的にネット集客ができていますか?

現在の士業の集客では、webマーケティングをマスターすることが、今後の事務所の安定した集客を手に入れる最善な方法です。

士業のネット集客を増やすためには、事務所サイトに多くのユーザーを集客する施策と、事務所に訪れたユーザーを実際の仕事に効率よく繋げる施策の2つのステージがあります。

事務所サイトに多くのユーザーを集客する施策には大きく分けるとSEOとリスティング広告の運用の2種類があります。

SEOは正しい知識で続けていけば、SEOを続けた期間と共に事務所の訪れるユーザーの数は確実に増えていきますので、今後のブログではSEOの正しいやり方について発信していきます!

SEOを続けることで当社がサポートしている事務所では当初1日ゼロだった訪問者が1年後には1日に200人ぐらいのユーザーが訪問するようになるまでに成長を遂げています。

当社で運用する法律業務のリスティング広告の費用対効果は、広告費に対し事務所の売り上げは3倍から5倍ぐらいの成果が平均で上がっています。

リスティング広告はキーワード選定、広告文、入札戦略などによって成果が大きく変わってきますので、今後のブログではリスティング広告の正しい運用方法についても発信していきます。

事務所に訪れたユーザーを実際の仕事に効率よく繋げる施策については、事務所サイトの制作とランディングページの改善などがありますが、当社がサポートしている事務所でも、事務所サイトやランディングページの改善で売り上げが2倍以上になる成果を上げている事務所もございます。

バウンスバックのブログでは、ネット集客に繋がるような正しい事務所サイトの作成方法や事務所の売り上げに直結するランディングページの改善の正しいやり方なども発信していきます。

バウンスバックのブログは、わかりやすく丁寧に士業のウェブマーケティングについて解説をしていきますので、ぜひwebマーケティングをマスターして、事務所のネット集客の売り上げを2倍、3倍に増やしていただきたいと思います。

目次

士業のwebマーケティングとは?まずは基礎知識を学ぼう!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門の集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

今回のブログは、士業のwebマーケティングとは?というテーマでわかりやすく丁寧に解説をいたします。

読者の先生方は、商店街にある小さな洋服屋さんや少し古くなったコインランドリーを見て、こんなお店なのによく続いているなぁ!と感じたことはありませんか?

どんな店舗でも実体として存在して、そのお店の前に人通りがあると、そのお店を利用する人がいるという証明になります。

しかし、事務所のホームページを作成しただけで、その後集客について何の施策もしなければ、基本的に誰もその事務所ホームページを知りませんし、その事務所ホームページに訪れる人が誰もいない状態のままになります。

先ほどの店舗に例えると、全く人が来ない山奥に店舗を構えたのと同じことになります。

そこで、山奥の誰も来ない事務所ホームページを人通りがある商店街に移動して、たくさんの人が訪問するような事務所ホームページにすること、要するに誰も訪れない事務所ホームページから人の集まる事務所ホームページに変えていくことがwebマーケティングになります。

士業のwebマーケティングを簡単に説明しますと、様々な方法を使って事務所ホームページにユーザーを誘導し、そのユーザーからお仕事の問い合わせをいただくための活動ということになります。

そして、webマーケティングをマスターすると、事務所の仕事を取るためにする営業や売り込みといった、できればやりたくないことをする必要がなくなります。

また、事務所を経営する上で1番の悩みは、集客と売り上げという、この2つの要素に尽きると思いますが、webマーケティングをマスターすると、その2つの悩みから必ず解放されることになります。

では、士業のwebマーケティングとは具体的にどういったことなのでしょうか?

ユーザーを事務所ホームページに誘導するための手段は、有料のリスティング広告ディスプレイ広告をはじめ、無料のSEOや様々なSNSを使った集客戦略などがありますが、webマーケティングはそういった施策を用いて、多くのユーザーをご自身の事務所ホームページに誘導する施策ということになります。

そして、それらの方法を単純に行うという意味ではなく、それぞれの施策を理解し改善し、そして効率よく行うことで最善の成果に繋げていくことが本来のwebマーケティングの趣旨になります。

しかし、webマーケティングのどの施策をすると、どのぐらい事務所の売り上げに効果があるかという実感がわからないとwebマーケティングを実践していく決断をするのは難しいのかもしれません。

SEOでどれぐらいの手間と期間をかければ、どれぐらいのアクセスが事務所サイトに集まるようになるのでしょうか?

SEOでアクセスが集まるようになった事務所サイトには費用をかけずに定期的に仕事の受託ができるようになります。

SEOに関する数字についても当社および関連会社のデータになりますが、できるだけ生の数字をそれぞれの業務について公表していきたいと思っています。

次にリスティング広告で1カ月に50万円をかけて広告を出稿した場合に、事務所の売り上げはいくらぐらいになるのでしょうか?

もちろん、リスティング広告を出稿する業務によってもまったく違いますが、当社が扱っている法律サービスの実績だと費用対効果は少なくても3倍の150万円の売り上げには繋がっていて、費用対効果が高い業務だと10倍の500万円程度の売り上げに繋がるケースもありました。

リスティング広告を出稿して成果が出なかった先生もいらっしゃるかもしれませんが、上記のデータは当社で広告を運用した生の数字になります。

これから先生ご自身でwebマーケティングがマスターできるようになるまで、ぜひ当ブログを読み続けていただきたいと思います。

まずは、事務所ホームページにユーザーを誘導するためのwebマーケティングの解説をいたしましたが、webマーケティングは事務所ホームページまでの誘導だけでなく、事務所ホームページのコンテンツやキャッチコピーの最適化を行い、訪れてきたユーザーから効率よく依頼に繋げることも、もちろんwebマーケティングになります。

インターネットを使ったホームページでの集客に、凝ったホームページや美しいホームページを作ればユーザーからの問い合わせが増えるのであれば、それは高額なホームページを作るメリットもありますが、実際はそんなことはありません。

ユーザーからの問い合わせに繋がる事務所サイトは、かける金額ではなく集客のノウハウで制作するものだからです!

株式会社バウンスバックは、士業専門の集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

当社では、事務所サイトをワードプレスレスポンシブデザインで制作しておりますが、現在のGoogle検索でのSEOでの上位表示やプログラミングの知識がなくても記事の投稿やコンテンツの修正が可能なワードプレスが事務所サイトを制作するベストな選択になります。

まず当社のWEBサイトの制作で、1番に考えていることは、もちろんネット集客に繋がる事務所サイトを作成することで、訪問してきたユーザーにとって、わかりやすく先生の事務所に仕事を依頼するベネフィットを伝えて、お問い合わせに繋がりやすいホームページの制作を目指しています。

また、当社の事務所サイトの制作で大事にしていることは、先生ご自身で管理・運用ができる事務所サイト作りになりますので、事務所サイト制作後も、しっかりと先生ご自身で運営・管理ができるように3ヶ月間のサポート期間を設けています。

当社では、事務所サイトの制作については、世界一美しいワードプレスのテーマだと言われているTCDやSWELLを使って、今までの常識を超える消費税込み29万8千円からで集客に繋がる事務所サイトの制作を承っています!

今後のブログでは、それぞれのステージの内容をさらに細かく、先生方に理解しやすいように丁寧に説明していきますので、ぜひ引き続き当ブログを読んでいただきたいと思います。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問いただけたらと考えております。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる