事務所の売り上げを2倍に!士業のネット集客のwebマーケティング!

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

今回のブログでは、士業の事務所の売り上げを2倍に!するネット集客のwebマーケティング!というテーマで、当社で実証されたデータをもとに士業の先生の事務所の売り上げを大きく伸ばすためのSEOやリスティング広告などの様々なwebマーケティングの施策についてわかりやすく丁寧に解説をいたします。

現在の法律関連の事務所で大きく成功している事務所の多くはネット集客を巧みに活用することで莫大な利益を生み出しています。ベリーベスト法律事務所、アディーレ法律事務所、司法書士法人みつ葉グループ、さむらいなど行政書士法人といった数々の成功した事務所がお客様を集めるためにwebマーケティングを活用し、そのネット集客の優秀性を実証してくれています。

しかし、上記のようにネット集客で莫大な利益を上げている事務所がある傍らで、ネット集客は取り入れているけど思ったような成果が出ていない事務所が多くあるのも事実になります。

現在では、士業の事務所のネット集客についても格差が生まれていて、ネット集客に成功して大きな収益を上げている事務所と、そうでない事務所ではネット集客の成果に大きな差が生まれてしまっています。

では、この成果の差はどこから生まれるのでしょうか?ネット集客に大きな成果を上げている多くの事務所は、SEOやリスティング広告、ランディングページや事務所サイトの構築といったネット集客に必要な多くの施策について、その流れや繋がりをトータルで理解して実行することで、ネット集客で莫大な利益を生み出しています。

逆にいえば、ネット集客をそこまでクオリティ高くマーケティングできている事務所は、ほとんどいないというのが本当のところなので、ネット集客にはまだまだ大きなチャンスがあると考えられます。

ネット集客の確実な成功へのカギは、リスティング広告やSEOをしたけど成果が出ないといったネット集客の施策を片手間でおこなうのではなく、webマーケティングのそれぞれの施策を正確に理解して、それぞれの施策をトータルで実行することで士業の事務所のネット集客の大きな成果に繋げていくことです。

株式会社バウンスバックのブログでは、今後どのように先生の事務所のネット集客にwebマーケティング取り入れて先生の事務所の売り上げを増やしていくかのいろいろなwebマーケティングの施策について解説をいたします。

すべてとはいいませんが、それぞれの施策をよく理解することで必ずネット集客で大きな成果が出せると確信していますので、ぜひ当社のブログを続けて読んでいただき、先生の事務所のネット集客の成功に活用していただければ幸いです。

とても大切な当社の実際のデータもご紹介していますので、ぜひそのデータを今後の事務所のネット集客に活用していただけたらと思っています。

弁護士、司法書士、税理士、行政書士などの事務所の集客力アップに!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所ホームページの作成、SEOによるネット集客のノウハウ、ネット集客のためのリスティング広告の運用など、士業専門のネット集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

◆今回のブログの信頼性◆

株式会社バウンスバックは、今までにSEOで自己破産、会社設立、民事再生などのビッグワードでGoogle、Yahooで1位表示の実績があり、年商3億円以上の事務所の立ち上げからサポートまでの実績があります。

◆読者の先生方へのメッセージ◆

本ブログでは「これから本格的に事務所のネット集客に力を入れていくために、どこからwebマーケティングの習得に手を付けていいのかがわからない!」といった先生方を対象にブログを書いています。

今回のブログを読むことで、ネット集客のためのwebマーケティングの基礎的な知識を得ることができ、今後の先生の事務所のネット集客にどのようなwebマーケティングを活用してばいいかのイメージを持つことができるようになります。

それでは、「事務所の売り上げを2倍に!士業のネット集客のwebマーケティング!」の解説を始めていきます。

◆今回のブログのメニューになります◆

士業のネット集客のwebマーケティングとは?事務所の売り上げを2倍に!

士業の事務所でネット集客のwebマーケティングによって、莫大な利益を上げている事務所がある傍らで、ネット集客が上手くいっていない事務所があることも事実だというお話しをいたしましたが、満足のいかないネット集客の成果を改善するにはネット集客のwebマーケティングを体系的に理解する必要があるというお話しをいたしました。

士業の事務所ホームページの作成は、ホームページの制作会社に丸投げをする、SEOは周りで成果が出ないと言ってるしもう遅いからやらない、リスティング広告もどんなシステムなのかわからないので広告代理店に丸投げする、ネット集客に満足な成果がでていない先生には、少しでも思い当たることはありませんか。

株式会社バウンスバックの「事務所の売り上げを2倍に!士業のネット集客のwebマーケティング!」では、先生の事務所の売り上げを伸ばすために必要なネット集客のwebマーケティングの基礎知識を理解することによって、今までよりずっと安定して先生の事務所サイトから売り上げが上がるようになります。

その事実は、このブログの冒頭でも紹介した多くのネット集客に成功している事務所たちが実証してくれています。

しかし、実証されていると言われても、このブログを読んでいる先生の中にはリスティング広告で成果が出なかったり、SEOでまったく上位表示できなかったという経験をした先生もいるかもしれません。

そうなんです!webマーケティングの1つの弱点になるかもしれないことなのですが、それぞれの個々の施策のみだと機能しない部分が出てくることも確かなんです。

例えば、リスティング広告に関しては広告代理店に丸投げすると、ほぼ間違いなく失敗いたします。なぜなら士業の先生の法律業務を深く理解している広告代理店は存在しないからなんです。私は元システムエンジニアで司法書士と土地家屋調査士、宅建士の資格を持っていて、さらにリスティング広告の広告アカウントの構築から運用もできるのですが、資格試験の勉強に比べればリスティング広告の運用なんてずっと簡単にマスターできますので、リスティング広告を広告代理店に任せて多くの費用を失うよりは先生ご自身でリスティング広告の基本を理解して、広告代理店のリスティング広告をサポートする方がずっと速く確実に成果が出せる方法だと、資格試験と広告運用の両方を深く理解している私が思うところです。

リスティング広告で成果を出すのも、やっぱり先生ご自身である程度のリスティング広告の知識を理解していた方がいいことが分かったと思いますので、それぞれのwebマーケティングの施策について1つ1つ順を追って理解していきましょう。

先生の事務所サイトのネット集客を増やして、先生の事務所の売り上げを上げるためには、先生の事務所サイトへ訪問するユーザーを増やすことと、そして先生の事務所サイトに訪問してきたユーザーの中から多くのお問い合わせをしていただくことで実現できることになります。

上記の文章からもわかるとおり、事務所サイトのネット集客の売り上げを増やすwebマーケティングには大きく2つのステージに分かれていますが、その重要度はイコールではありません。

どんなに素晴らしい事務所のホームページを用意しても多くのお客様が訪れてくれなければ、それは宝の持ち腐れになってしまいますので、とにかく先生の事務所ホームページに多くのお客様を集めることが1番需要なネット集客のポイントであり、それが実現できるのもネット集客が集客力が高いと言われている所以でもあります。

まず、先生の事務所サイトにより多くのユーザーを誘導するwebマーケティングの施策については、多くの施策がありますがわたしがお勧めしているネット集客の施策は、SEOによる検索サイトからのネット集客とリスティング広告によるネット集客になります。

この2つの施策のSEO対策とリスティング広告でのネット集客が上手くいき、先生の事務所ホームページに多くのお客様を集めることに成功することが前提になって、先生の事務所サイトに訪れたユーザーの中からお問い合わせに繋がる確率を上げるためのwebマーケティングの施策が効果的になっていきます。

この先生の事務所サイトに訪れたユーザーの中からお問い合わせに繋がる確率を上げるための施策をLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化といい、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化については、先生の事務所に訪れた来たユーザーの行動を意図的に促すことでユーザーの中からのお問い合わせに繋がる確率を大きく改善していきます。

このランディングページの最適化については、先生の事務所の売り上げに直結する施策で、先生の事務所サイトに訪問してきたユーザーからのお問い合わせに繋がる確率が2倍になると単純に先生の事務所の売り上げも2倍になりますので、ぜひ時間をかけて的確に行っていただきたいwebマーケティングの施策になります。

今まで、先生の事務所ホームページは持ってはいても、ネット集客に力を入れていなかった状況から、上記で解説したwebマーケティングの施策を的確に行うことで先生の事務所の売り上げは確実に大きく改善されるようになります。

また、今までSEOやリスティング広告で思ったような成果が出なかった先生もわたしが執筆している事務所の売り上げを2倍に!士業のネット集客のwebマーケティング!を理解することで確実に成果が出せるようになります。

ネット集客にwebマーケティングがとても有効なことは、ネット集客に成功している多くの事務所が実証していることだからです。

まずは事務所サイトにお客様を集めよう!事務所の売り上げを2倍に!

わたしはこの仕事をしている傍らで副業でブログから収入を得ているのですが、ブログからなぜお金を稼げるかわかりますでしょうか?「ブログで商品を紹介してその商品が売れることで報酬がもらえるから!」と考えるのが当たり前の回答だと思うのですが、実は「ブログというツールがネット集客できる!」からが正解なんです!

ブログで大きく稼いでいるブロガーさんは、商品の売り方が上手いという以前に自身のブログにユーザーを集める能力にとても優れているからなんです!もちろん商品を売るためのセールスライティングの技術にも優れていますが、その前提となるSEOでネット集客する技術にとても優れています。

この理屈は士業の事務所も同じで、事務所ホームページを立ち上げただけでは誰一人として先生の事務所ホームページに訪問してくれませんので、先生の事務所の売り上げをあげるためには、まずは先生の事務所ホームページに多くのユーザーをネット集客する施策が必要になります。

ブログの解説でもお話しをいたしましたが、先生の事務所サイトにユーザーをより多くネット集客するwebマーケティングの施策については、SEO「Search Engine Optimaization」を取り入れることです。

SEOについては、次の項目で基本的な特徴やメリットデメリットを解説いたしますが、簡単に説明すると、先生の事務所サイトを検索エンジンで上位表示させて、そこから先生の事務所サイトにユーザーをネット集客する施策のことです。

SEOを効率よくおこなっていくには、先生の事務所サイトを1つの取り扱い業務の専門サイトにするか、本体の事務所サイトとは別にSEO用の専門サイトを作成してSEO対策をおこなった方が確実にSEOの効果が高いので、ぜひSEO用の専門サイトの制作は行った方がいいでしょう。

現在のSEOについてはEAT「Expertise:専門性、Authoritativeness:権威性、Trustworthiness:信頼性」が重視されていますので、士業という専門性がSEOで評価されやすくなっていますので、その部分でも専門サイトでのSEOについては追い風になっていると思います。

例えば、先生が今後ネット集客で離婚を取り扱い業務として力を入れていこうと考えているとすれば、先生の事務所サイトを離婚に関する専門サイトにするか、先生の本体の事務所サイト以外に離婚の専門サイトを作成して、その専門サイトをSEOをしていくことでユーザーを先生のWEBサイトにネット集客することができます。

これにははっきりとした根拠があり、先ほどお話しをしたEATに加えて専門分野に特化したサイトだと、SEOで効果を出しやすいだけでなく、割りと自由にデザインができますので、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化も同時に行うことができます。

法律関連のSEOについては、どの業務も基本的にレッドオーシャンで、とても時間がかかりますが先生の事務所サイトがGoogleやYahooといった検索エンジンで上位表示させるようになり、ユーザーが訪問し始めればずっと継続的に、しかも無料で依頼に繋がっていくストック型の資産になりますので、ぜひSEOで自動的にネット集客できる資産を手に入れて先生の事務所の安定した売り上げを手に入れていただきたいと思います。

SEOについてはとても時間がかかるwebマーケティングの施策ということで、やはり先行して始めた方が有利になるのは当たり前なことなので、今後先生がネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、始めるのは早い方がSEOでのネット集客を有利に展開することができます。

SEOの技術的なテクニックについては、今後のブログ記事のSEOのパートの中でも紹介していきます。

また、先生の事務所でリスティング広告の運用を行っていなければ低額からでもいいので、リスティング広告の出稿はされた方が成果に繋がりやすくなります。

その場合には、リスティング広告のランディングページは必ず作成したほうがいいでしょう。

リスティング広告は、お客様からのお問い合わせに効率よくつながるランディングページがあってこそ、費用対効果が高い結果に繋がる広告だからです。

先ほどもお話ししたような、先生の事務所のランディングページに訪れたユーザーの行動を促してお問い合わせから依頼に繋がるような効率がいい優秀なランディングページを必ず制作しましょう。

また、リスティング広告の費用対効果は取り扱い業務によってももちろん変わってはきますが、当社の事例では最低でも3倍から5倍(50万円の広告費で事務所の売り上げが150万円から250万円)ぐらいの成果は最低でもあがっていますので、ぜひ先生の事務所でもリスティング広告の出稿を行って事務所の大きな収入源の1つとして活用していただきたいと思います。

士業のリスティング広告については、先ほどもお話しをいたしましたが、広告代理店によって法律業務の運用実績がない業者もいますし、何より法律に関する知識のベースがないと、先生もおわかりになると思いますが、リスティング広告で運用するキーワードの選定や広告文の作成についてもかなり困難を極めますので、ぜひ先生ご自身でリスティング広告の知識を身につけていただき広告代理店でのリスティング広告の運用のサポートをすることをお勧めいたします。

この2つのwebマーケティングの施策だけでも先生の事務所の売り上げはかなりの向上が期待できます。

ネット集客のそれぞれのステージの基礎知識【事務所の売り上げを2倍に!】

ここでは、士業のネット集客について、それぞれのwebマーケティングの施策の基礎知識を解説いたします。

SEO「Search Engine Optimaization」【事務所の売り上げを2倍に!】

まず、先生の事務所サイトへ多くのユーザーを誘導するための方法であるSEO「Search Engine Optimaization」の基本について解説をいたします。

まず、SEO「Search Engine Optimaization」の施策についてですが、SEOはGoogle検索やYahoo検索などの検索エンジンでユーザーが検索した時に先生の事務所サイトを検索結果の上位に表示させる施策のことをいいます。

現在ではYahooの検索順位を決めるアルゴリズムはGoogleのものを使用していますので、SEOは、Googleの検索エンジンの対策ということになります。

SEOの特徴についてですが、まず原則として先生ご自身でおこなえば無料でSEOの施策をすることができることが大きなメリットになります。

SEOに関しては、検索エンジンで上位表示されるまでには、とにかく時間がかかるということを覚悟する必要があります。

SEOで先生の事務所サイトの上位表示を考えた場合には早くても3か月から6か月、長い場合には1年程度も時間がかかる場合もありますので、SEOには即効性がないということは覚えておいたいただきたいと思います。

ただ、SEOでの事務所の売り上げに関しては検索エンジンで上位に表示された場合はかなり強力で、検索結果の上位に表示された場合には先生の事務所サイトがクリックされる確率はかなり高くなります。

SEOで、検索結果の1番上位に表示された場合には先生の事務所サイトのクリック率は20%前後のまで伸びる可能性があり、仮に1位から2ページ目に表示が落ちてしまった場合には7~8割ぐらいも売り上げが落ちてしまったというデータも存在します。

ただ、SEOの場合は、狙っても先生の事務所サイトが上位表示ができない可能性もあります。

SEOで上位表示がされると事務所の売り上げが伸びることは周知の事実なので、他のライバル事務所たちもSEOで検索エンジンでの上位表示を狙っていろいろな施策をしていますので、このキーワードで先生の事務所サイトを上位表示したいと考えていても必ず上位表示が出来るわけではありません。

例えば、「債務整理」「過払い金」「交通事故」といった1つの単語で多く検索されるキーワードを「ビッグワード」といって、これからSEOを始めてもビッグワードではなかなか上位表示することは困難になります。

ここで、SEOに関してのよくある勘違いなのですが、士業の先生は事務所のホームページをSEOすると思っている先生が多いと思うのですが、いかがでしょうか?

例を挙げると、田中法律事務所という事務所サイトを持っていると仮定して、「田中法律事務所」でGoogle検索で上位表示されても訪れるユーザーが増えることはありませんし、「相続」というキーワードで田中法律事務所をGoogle検索で上位表示させようと思っても「田中法律事務所」に「相続」というキーワードが入っているわけではないので、残念ですが「相続」というキーワードで「田中法律事務所」をGoogle検索で上位表示させることは現在では不可能です。

ブログの中の記事で「ウェブマーケティングを習得するための5つの効果的な勉強法」というタイトルで記事を書くことで「ウェブマーケティング 習得」「ウェブマーケティング 勉強法」といったキーワードでGoogle検索の上位表示を狙うことで、ユーザーを集めるといった例を出すと、SEOについて少し理解できたと思うのですがいかがでしょうか。

士業の事務所のSEOも同じで、事務所サイトの中に記事を書いて「借金問題を解決できる4つの債務整理の方法を解説」という記事を書いて「借金問題 解決」「債務整理 方法」といったキーワードで、この記事を上位表示させて、この記事から事務所サイトにお問い合わせしてもらうのが現在のSEOの考え方になります。

ですから、事務所サイトの中に100個の記事を書けば、その100個の記事分がSEO対策となって多くのキーワードで先生の事務所サイトの記事をGoogle検索で上位表示させてくれる可能性があります。

士業の事務所のSEOについて理解ができましたでしょうか。

今回はさらに、もう少し深掘りしてSEOについてお話しをしますと、一般的な事務所ホームページのようにいろいろな業務について書いてあるWEBサイトより、離婚だけとか、交通事故だけといった専門サイトの方がGoogle検索で上位表示がされやすくなります。

現在のSEOについてはEAT「Expertise:専門性、Authoritativeness:権威性、Trustworthiness:信頼性」が重視されていますので、弁護士が作成した離婚の専門サイトや交通事故の専門サイトの方がSEOについては上位表示がされやすくなります。

最後SEOのデメリットになりますが、Googleのアルゴリズムの変更により検索結果の順位に影響を受ける可能性があるということです。

これはGoogleの検索エンジン側の問題なのですが、WEBサイトを評価する基準が変わることで、今までは1位から2位ぐらいをキープしていたWEBサイトがアルゴリズムが変更されたことで、急に2ページ目に落ちてまうようなことがありますので、そういったリスクがあるということも理解しておく必要があります。

SEOはとても時間がかかりますが先生の事務所サイトにユーザーが訪問し始めればずっと継続的に、しかも無料で依頼に繋がっていくストック型の資産になりますので、ぜひSEOでお客様が自動的に訪れる資産を手に入れて事務所の安定した売り上げを手に入れていただきたいと思います。

SEO「Search Engine Optimaization」についての解説は以上になります。

PPC広告「Pay Per Click」リスティング広告【事務所の売り上げを2倍に!】

次が、PPC広告「Pay Per Click」ですが、一般的にはリスティング広告といった方がわかりやすいと思いますので、今回の解説ではリスティング広告として解説をいたします。

まず、リスティング広告とはGoogle広告とYahoo広告の2つの広告の総称になります。

リスティング広告の出稿はどちら1つにだけ出稿してもかまいませんし、両方に出稿することも可能ですが、やはりシェア率の大きいGoogle広告から出稿するのが一般的の出稿方法です。

それでは、リスティング広告の特徴について解説をしていきます。

リスティング広告の特徴の1つ目が、広告を配信をすぐにスタートができるということです。

リスティング広告の広告アカウントの設定さえ終われば、すぐにリスティング広告の配信をスタートさせることができるぐらい即効性が高いところがまず1つ目のリスティング広告の特徴になります。

リスティング広告は、極端に言えば今日から配信を初めて今日からネット集客することが可能な広告になります。

一般的なリスティング広告はすぐに配信をスタートさせて即効性が高いところがいい部分なのですが、法律の分野ではその業務ができるかどうかの保有資格の確認が事前に必要な場合があります。

その場合には、リスティング広告の配信にかなりの期間がかかる場合もありますので、リスティング広告の運用をお願いする広告代理店に事前の確認が必要になります。

このことは一般の広告代理店だと知らない業者が多いので、先生の事務所で配信する法律の分野を事前に広告代理店に伝えてGoogleやYahooに大丈夫かどうかの確認を取らせておかないと広告の出稿までに長く時間がかかってしまう場合があります。

2つ目のリスティング広告の特徴が費用対効果がわかりやすいということです。

リスティング広告は、検索エンジンに広告が表示されただけでは費用がかからず、広告がクリックされて初めて費用がかかります。

一般的なテレビや新聞などの広告では、その広告の出稿に対してどのくらい商品が売れたのかを正確に調べることはできませんが、法律関係のリスティング広告でいえば、いくら広告に費用がかかって、何件のお問い合わせがあったのかを正確に把握することができます。

リスティング広告は、いくら広告費を使っていくらの売り上げがあったのかを正確に把握できますので、費用対効果がわかりやすく、事務所の売り上げに対しての広告費がわかりますので広告出稿の設計がしやすいというのも大きなメリットになります。

3つ目の特徴が、少ない金額でもリスティング広告が始められるということです。

月に1万円からでもリスティング広告の出稿が可能ですし、リスティング広告の効果がなければすぐにやめることもできます。

また、逆にリスティング広告の費用対効果が高い場合には、すぐにリスティング広告の予算を増やすことも可能です。

4つ目のリスティング広告の特徴が柔軟な調整ができることです。

まず、リスティング広告を配信する地域や曜日や時間帯を設定することが可能ですし、またパソコンやスマホなどのデバイスを選択して広告を出稿するも可能です。

また、その調整をすぐ対応して広告の配信に反映させることができるのもリスティング広告の柔軟性になります。

5つ目の特徴が、リスティング広告には競合事務所との勝負という一面があり、広告を載せるための金額は競合事務所とのオークションになりますし、法律業務でのリスティング広告では競合事務所と比較されること多いと考えておいた方がいいと思います。

そして、競合事務所と比較されても先生の事務所を選んでもらえるような強みがあれば、リスティング広告はより成果が上がりやすいと考えておいた方がいいでしょう。

最後の特徴が、運用者によって成果に違いがあるということです。

特に、法律という特殊なサービスに対しリスティング広告を運用するという性質上、法律業務でリスティング広告を運用したことがない広告代理店や運用者もとても多いですし、まず法律用語自体も理解にもかなりの時間がかかります。

士業のリスティング広告については、先ほどもお話しをいたしましたが、広告代理店によって法律業務の運用実績がない業者もいますし、何より法律に関する知識のベースがないと、先生もおわかりになると思いますが、リスティング広告で運用するキーワードの選定や広告文の作成についてもかなり困難を極めますので、ぜひ先生ご自身でリスティング広告の知識を身につけていただき広告代理店でのリスティング広告の運用のサポートをすることをお勧めいたします。

また、昔はキーワードごとに入札単価を決めていたのですが、現在のリスティング広告の運用はGoogleのアルゴリズムを使った自動入札の方が成果があがりやすくリスティング広告の運用の主流になっています。

しかし、検索キーワードの選定や広告文のクオリティについては、まだまだ広告代理店の能力が関係してきますので、やはり先生ご自身でリスティング広告の知識を身につけて、広告代理店でのリスティング広告を運用サポートをした方がリスティング広告の費用対効果はさらによくなると思います。

PPC広告「Pay Per Click」リスティング広告についての解説は以上になります。

MEO「Map Engine Optimization」【事務所の売り上げを2倍に!】

最後が、MEO「Map Engine Optimization」で、まずMEOについての説明が必要だと思いますが、MEOとはGoogle検索において検索結果にグーグルマップが表示される場合に、その検索結果のグーグルマップ上に先生の事務所を上位表示させる施策のことをいいます。

例を挙げると「美容室 原宿」「四谷 法律事務所」というように検索ワードに場所を含めて検索した時に、Google検索の検索結果にグーグルマップが表示され、候補の店舗や事務所がいくつか表示されます。

ただし「新宿 離婚調停」といった地名は入っていても店舗とは関係ない検索キーワードだとGoogle検索の検索結果にグーグルマップは表示されないので、MEOとは関係なく、SEOの領域になります。

このMEOで、グーグルマップに店舗や事務所を表示するためには、事前にグーグルマイビジネスに登録する必要があります。ちなみにグーグルマイビジネスへの登録は無料で行うことができます。

MEOは、グーグルマップでの検索結果において上位表示させることから、「ローカル検索」とか「ローカルSEO」とも呼ばれていますが、現在ではまだSEOに比べるとずっと簡単に上位表示が可能な施策です。

MEOは、検索結果のグーグルマップに上位表示させる施策なので、リアル店舗がある業種であるレストラン、ネイルサロン、美容院などでは特に強力な施策なのですが、同じように法律関連の業種もリアルな事務所を持ってはいますが、いきなりスマホで検索して近くの事務所に相談に伺うといったケースは限られますのでMEOで依頼人が増えたというのは、当社でもMEOは行っていますが、あまり情報としては多くありません。

MEO「Map Engine Optimization」についての解説は以上になります。

LPO「Landing Page Optimization」【事務所の売り上げを2倍に!】

先生の事務所サイトに訪れたユーザーの中からお問い合わせに繋がる確率を上げるためのwebマーケティングの施策については、先生の事務所のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化によって先生の事務所サイトに訪問してきたユーザーからの問い合わせに繋がる確率を上げることになります。

LPO「Landing Page Optimization」のランディングページを直訳いたしますと、WEBサイトに着地するページということになり、事務所サイトの中で1番最初に見られるページということになります。

ランディングページというとリスティング広告などで表示される縦長のページを想像される方がいるかもしれませんが、今回のブログでのランディングページは、広告用の縦長のものはもちろんのこと、事務所サイトに着地する最初のページだと考えてください。

そして、今回のブログのLPOとは、そうしたランディングページの最適化を意味していて、例えば事務所サイトに100人のユーザーの訪問があり今まで平均5件の相談に繋がっていた状況から、LPOでランディングページを最適化することで、平均10件の相談に改善するといった施策のことになります。

仮に5件の相談が10件になると仮定すると先生の事務所の売り上げは単純に2倍程度になりますので、ランディングページの最適化は事務所の売り上げに直結するとても重要な売り上げ改善の施策になります。

また、備品などの安価なものを購入する場合と異なり、法律サービスは高価な商品になりますので、競合相手と比較された場合でも先生の事務所の法律サービスを選んでもらう必要がありますので、ランディングページに先生の事務所に依頼するベネフィットをしっかりと訴求して競合相手ではなく先生の事務所をユーザーに選んでもらう必要があります。

ランディングページのデザインはある程度は綺麗に制作する必要はありますが、それよりも1番重要なのは、ユーザーからの問い合わせに繋がりやすいランディングページを作成することです。

大手企業のランディングページは、1つ1つの文章が効果的なライティング技術により、またその配置1つにしても巧妙なロジックによって制作されているので、その企業のサービスや商品が効率よく売れる成果に繋がっています。

まあ、大手企業のランディングページのクオリティまでは難しいかもしれませんが、法律関連のランディングページのレベルであれば、まだまだ完成度が高いとはいえませんので、先生の事務所のランディングページの完成度をあげて競合相手よりユーザーからの問い合わせに繋がりやすいページが作れば、リスティング広告からのネット集客でもSEOによるユーザーの訪問からでも事務所の売り上げに効率よく繋げていくことが可能になります。

LPO「Landing Page Optimization」についての解説は以上になります。

士業の実際のネット集客の活用法について【事務所の売り上げを2倍に!】

今まで先生の事務所ホームページは持っていますが、ネット集客に力を入れていない状態から、上記のwebマーケティングの様々な施策を的確に行うことで、先生の事務所の売り上げは大きく改善されるはずです。

それは、当事務所がサポートしている事務所の売り上げの成果からも確実に実証されていることです!

大手の事務所でインターネット集客に成功しているベリーベスト法律事務所、アディーレ法律事務所、司法書士法人みつ葉グループ、さむらい行政書士法人など、まだまだたくさんのネット集客で成功している事務所がありますが、これらの事務所の共通点は当社でも推奨しているネット集客についてのノウハウを使ってwebマーケティングでの集客に取り組んでいます。

先ほども書かせていただきましたが、当社でもSEOについての業務も行っていて、当初は1日ほぼゼロだったクリックが1年後には1日に200クリックぐらいまで伸びるケースが普通にあります。今お話ししたのは当社がサポートしている実例で、この事務所は離婚関連を取り扱い業務にしていてSEOを続けた結果で6カ月ぐらいからクリックが増えて約1年で1日200クリックまで成長しました。

SEOは時間がかかる施策ということで、同じようなSEOの技術であれば、やはり先行して始めた方が有利になるのは当たり前なことなので、今後先生がネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができます。

また、リスティング広告の費用対効果は取り扱い業務によっても変わってはきますが、当社のリスティング広告の運用での費用対効果は3倍から5倍50万円の広告費で事務所の売り上げが150万円から250万円)が平均的な成果で、そこからさらにどれくらい費用対効果をあげていけるかが勝負になります。

また、現在すでにリスティング広告の運用をお願いしている事務所様でリスティング広告の費用対効果が3倍以内50万円の広告費で事務所の売り上げが150万円以下)を切るようであれば、何か大きな原因があると思いますので、リスティング広告のセカンドオピニオンなどで大きく費用対効果を改善できる可能性があります。

当社がサポートしている事務所で、ネット集客の取り扱い業務が「自己破産」の事務所では、費用対効果が300万円の予算で最大で1800万円を超える売り上げまで到達いたしました。

ここまで読んでいただいて、ネット集客についてwebマーケティングに興味がないという結論にいたった先生はいないと思いたいですし、今後の先生の資格でのネット集客のwebマーケティングのイメージを持つことができたのではないでしょうか。

今後のブログでは、それぞれのステージの内容をさらに細かく、先生の皆様に分かりやすいようにwebマーケティングの習得に向けて解説をしていきますので、ぜひ「事務所の売り上げを2倍に!士業のネット集客のwebマーケティング!」で、webマーケティングを習得していただき、先生の事務所のネット集客の売り上げを2倍、3倍に増やしていただきたいと思います。

これで、士業の実際のネット集客の活用法についての解説は以上になります。

サムライ集客ガイドでは、士業のためのウェブマーケティング講座、失敗しない独立開業のノウハウなど、士業の皆様方が興味深いような内容の記事を随時情報発信してまいります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひ、株式会社バウンスバックのWEBサイトもご覧になっていただきたいので、株式会社バウンスバック公式ホームページもよろしくお願いいたします。

◆株式会社バウンスバックからのご提案です◆

ここまでネット集客が事務所の売り上げのアップにマストな方法だといったお話しを続けてきましたが、先生によっては日々の仕事が忙しくネット集客で売り上げは伸ばしたいけど、ネット集客を先生ご自身で勉強して身に付けることが難しい先生に向けて、株式会社バウンスバックは、ネット集客に特化したWEBサイトの作成、ユーザーの心理を熟知したランディングページの作成、SEOでの事務所サイトのクリックの大幅な増加、法律業務に特化したリスティング広告の運用など、ネット集客での売り上げアップのサポートについて、どんなことでもご相談は無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。無料でのお問い合わせはこちらへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!