税理士のネット集客で相続税の分析調査!事務所の売り上げ2倍に!

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

税理士事務所の売り上げのアップに!税理士のネット集客に相続税を選んだ場合の事務所の売り上げの分析になります。税理士の業務に相続税を選んだ場合のネット集客の市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、相続税のSEOの現状とリスティング広告のデータについて解説をいたします。

もし、今まで先生の税理士事務所がネット集客に力を入れていなければ、それは逆に言えば幸運なことでネット集客を取り入れることで先生の事務所の売り上げを大きくアップさせる大きな伸びしろがあることの証明でもあります。

士業の世界でネット集客の技術に優れているのは、ベリーベスト法律事務所、アディーレ法律事務所、司法書士法人みつ葉グループ、さむらい行政書士法人などがあり、その他にもネット集客に成功して莫大な利益をあげている事務所がたくさんあることが、ネット集客の優秀性を実証してくれています。

しかし、それだけネット集客で大きな成果を上げている事務所がある傍らで、SEOやリスティング広告で成果が出せない事務所があるのも事実になります。

最近では、ネット集客においても格差が生まれてきて、ネット集客で大きな成果を上げている事務所と、そうでない事務所ではネット集客の成果に大きな格差が生まれています。

この原因は、ネット集客をトータルで理解しているかどうかによるもので、ネット集客に大きな成果を上げている事務所はSEOやリスティング広告、ランディングページや事務所サイトの構築などをトータルでマーケティングすることで大きな利益を生むことに成功しています。

さて、今回のテーマから話しが逸れてしまったので本題に戻しましょう。

もし今後、先生の税理士事務所の売り上げを増やすことを考えた場合に、どんな業務に力を入れてネット集客をおこなっていこうとお考えでしょうか?

もちろん、税理士事務所なので税務顧問がメインでお仕事をされていると思うのですが、他にも売り上げの導線を増やしていくのは、先生の事務所の経営を考えた場合には1つの選択肢になると思いますが、その業務でどのようにネット集客するのかがわからなければ、そのネット集客に投資するのにはやっぱりリスクがあると思います。

今回のブログでは、そんな税理士の先生の不安を取り除くためにも、仮に先生の税理士事務所が今後力を入れていく取り扱い業務に、相続税を選択した場合のネット集客の現状について解説をいたします。

ある程度安定した税理士事務所だと、なかなか新しい業務に手を出すのは難しいかもしれませんし、ネットでの集客に抵抗がある先生も多いかもしれませんが、ネット集客は正しい方法で行えばとにかく絶大な事務所の売り上げアップに繋がる、とても効果的な集客方法なので、ぜひチャレンジして先生の事務所の売り上げアップを実現させたいただきたいと思います。

それでは、前置きが長くなりましたが、税理士事務所の取り扱い業務のネット集客に相続税を選択した場合の解説をいたします。

今後の先生の業務に活用できるように、当社が保有している相続税についての大切な実証済みのデータも公開いたします。

税理士のネット集客で相続税についての分析調査!webマーケティング

今回のブログのテーマ

税理士事務所の取り扱い業務のネット集客に相続税を選択した場合のネット集客の現状についての分析調査の解説です。

読者の税理士の先生へのメッセージ

もし税理士の先生が今後取り扱っていこうと考えている業務について、事前にネット集客のいろいろな情報がわかっていたら、それは有益な情報として今後の事務所のネット集客に活用できると思います。

今回のブログは、税理士事務所の業務の中で、取り扱い業務に「相続税」をネット集客として選んだ場合にネット集客での分析調査として、相続税のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、相続税のSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)などのデータについて解説をいたします。

今回のブログの内容について

相続税の市場規模と顧客ニーズの分析調査【事務所の売り上げ2倍に!】

相続税の申告に関しては、税理士以外の他の資格で相続税の申告を取り扱い業務にしているところはありませんので、相続税の申告に関しては税理士の独占業務ということになります。

税理士の先生にとってはお客様との税務顧問契約が1番の事務所の収入源になってきますが、税務顧問契約に関しては1度契約すると税理士事務所を変更することはなかなかありませんので、基本的に税理士業務のネット集客は難しくSEO以外だとポータルサイトに頼ってしまうことが多いのですが、相続税の申告はスポットでの業務として成立する税理士の先生の業務といては珍しいタイプになります。

相続は、いきなり起こることも多いので緊急性が高い業務でもありますので、そういった意味でもネット集客に向いた業務だと考えられます。

また、相続に関しては、トラブルに繋がったケースは弁護士の職域になり、不動産の登記は司法書士の職域になりますので、各資格者との連携を取っておく必要があります。

まず、相続税に関してキーワードプランナーと各種検索エンジンなどを使用しての3C分析の分析調査の結果からは、 相続税の検索ボリュームは十分にあるので、相続税の市場規模は十分な規模だと判断ができます。また、相続税の顧客ニーズについても申し分ありませんので、ネット集客という環境を考えても十分に可能性がある業務だと判断できます。

相続税の場合は、最近ではZOOMなどの遠距離のお客様から仕事の依頼を受けるインフラが整っていますので全国規模で相続税の受託をしている大手の税理士事務所もありますが、税理士事務所のホームページの中で仕事を受託する商圏を決めないで、ネット配信の範囲を先生が対応できる範囲にして仕事を受託する商圏をコントロールすることも可能です。

相続税を取り扱い業務としてネット集客を始めるということであれば、先生の事務所で仕事を受託する商圏はある程度絞っておいた方が仕事を処理していくことを考えるとやり易いと思いますが、ネット集客はいつでも仕事を受託する商圏の変更が簡単にできますので、柔軟に考えておいてもいいでしょう。

税理士が取り扱う相続税の市場規模と顧客ニーズの分析調査は以上になります。

相続税の競合相手の分析調査【事務所の売り上げ2倍に!】

次に、相続税に関してシミラーウェブなどと各種検索エンジンなどを使用しての3C分析の分析調査の結果からは、 相続税の競合相手はランディングページに相続税専用のものを使用している事務所がほとんどですし、検索結果には大手の税理士事務所もあります。相続税のランディングページに関しては割りとよく出来たものが多いという印象を受けましたので、競合相手については詳細に分析して競合相手に負けないランディングページの制作が必要になります。

相続税の申告に関してはかなり力を入れている競合相手の事務所も多くありますので、競合相手のランディングページは詳細に分析調査し、相談料、着手金、費用などはしっかりと確認して、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための敷居はできるだけ下げた方がいいでしょう。また、相続税に関してはお客様から直接の問い合わせの前に、資料請求をダウンロードするページを作るといったツーステップマーケティングを取り入れるのも事務所への問い合わせを増やす1つの施策になります。

またリスティング広告のクリック単価は、それぞれのキーワードの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「相続税 税理士」のキーワードで、300円から1400円程度で上位表示が可能ですので、この数字からは現状で競合相手は割りと強敵が多いと判断するのが当社の分析調査の結果になります。

税理士が取り扱う相続税の競合相手の分析調査は以上になります。

相続税のSEOについての分析調査【事務所の売り上げ2倍に!】

相続税に関するSEO「Search Engine Optimaization」に関しては、かなり多くの相続税に関するページがよく作りこまれているので、相続税という単体での上位表示は困難なので、相続税と掛け合わせた「ロングテールのキーワード」や「相続税に関連したキーワード」の上手く選択して、多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの先生の事務所サイトへのネット集客を狙っていく施策がいいでしょう。

また、相続税は先生の仕事を受託する商圏を絞る場合には、上位表示させたいキーワードに地域を掛け合わせた「ローカルSEO」という施策も検討することができます。

相続税のSEOについては大手の事務所サイトが上位表示されているとあきらめてしまいがちですが、SEOを始めるのに遅すぎるということはありませんので、相続税に関しての専門サイトを作成しコンテンツを少しずつでも充実させていくことで、徐々にですが確実に訪問者数は増えていきます。

また現在のSEOについてはEAT「Expertise:専門性、Authoritativeness:権威性、Trustworthiness:信頼性」が重視されていますので、税理士という専門性がSEOで評価されやすくなっていますので、その部分でも相続税のSEOについては追い風になっていると思います。

SEOに関しては時間がかかる施策ということで、同じようなSEOの技術であれば、やはり先行して始めた方が有利になるのは当たり前なことなので、今後先生がネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができます。

相続税に関しての先生のWEBサイトがSEOで上位表示されれば、先生ご自身のWEBサイトから費用をかけずにネット集客ができますので、SEOで上位表示されたWEBサイトは大切な資産になりますので、ぜひ少しずつでもSEOは進めていいただきたいと思います。

また今後、相続税を先生の事務所の主力業務の1つに選択していくのであれば、本体の事務所サイトの他に相続税の専門サイトを作成して、その専門サイトをSEOしていく方がSEOの効果があがりやすくなります。

これにははっきりとした根拠があり、先ほど話しをしたEATを含め専門分野に特化したサイトだと、SEOで効果を出しやすいだけでなく、割りと自由にデザインができますので、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化も同時に行うことができます。

税理士が取り扱う相続税のSEOについての分析調査は以上になります。

相続税のリスティング広告での分析調査【事務所の売り上げ2倍に!】

リスティング広告での相続税に関してのCPC「クリック単価」は、ランディングページの品質スコアによって変わってきますので正確な金額は伝えることはできないのですが、「相続税 税理士」の検索キーワードで300円から1400円程度で上位表示が可能です。 この数字は参考程度にしていただき実際のリスティング広告の運用では、たくさんのキーワードの選定が必要になりますので、実際に相続税のリスティング広告の運用だと、この中間より少し安いぐらいのCPC「クリック単価」が近い数字になると考えてください。

相続税のCPC「クリック単価」に関しては、現状では少し高騰していると判断できますので相続税のお問い合わせのCPA「相談単価」に関しては1万円から2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の最適化などで、CPA「相談単価」を1万円に近づけていくことが目標になってくると思います。

また、ディスプレイ広告に関しては、相続税のバナー広告が出稿されている確認はわずかに確認ができる程度ですが、相続税に関してはリマーケティング広告の出稿が可能ですので、まだまだ費用対効果が高いディスプレイ広告の出稿が可能だと判断できます。

現在のCPC「クリック単価」を考慮して、相続税のリスティング広告の費用対効果を考えると、競合相手のランディングページも質的にしっかりしているランディングページが多く、リスティング広告の運用の検索キーワードの精査、広告文の最適化はもちろんのことで、先生の事務所のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についてはユーザーの行動を意図的に誘導できるようなクオリティの高いランディングページを用意することが必須で、そういったトータルでの対応ができればリスティング広告のCPA「相談単価」をさらに下げることが可能だと判断できます。

税理士が取り扱う相続税のリスティング広告についての分析調査は以上になります。

相続税のネット集客についての可能性【事務所の売り上げ2倍に!】

税理士事務所の取り扱い業務としての相続税に関する当社の総括になりますが、相続税は現在は競合性が高い業務ではありますが、効率のいいランディングページの制作と相続税の専門サイトをしっかりとSEOしていくことで、しっかりとしたネット集客が期待できる業務だと考えられます。

現在の士業のネット集客に関しては、ネット集客に大きく成功している事務所と、ただネット集客も取り入れているだけの事務所とでは、ネット集客の技術や成果については大きな格差があると感じています。

逆にいえば、ネット集客をそこまでクオリティ高くマーケティングできている事務所は、ほとんどいないというのが本当のところなので、ネット集客にはまだ大きなチャンスがあると考えられます。

相続税のネット集客のwebマーケティングには、事務所サイトに多くのユーザーを誘導する施策と、誘導してきたユーザーと問い合わせに効率よく繋げるの施策の2つのステージがあります。

事務所サイトに多くのユーザーを誘導する施策の1つ目であるSEOについては、相続税のSEOに関しては時間がかかる施策ということで、同じようなSEOの技術であれば、やはり先行して始めた方が有利になるのは当たり前なことなので、今後先生がネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができます。

また、SEOは先生ご自身で行えば費用がかかりませんのでノーリスクで始められるといったメリットがありますが、SEOの効果を十分に上げるには多くのテクニックがありますので、SEOに関してはある程度の勉強が必要になります。

また、事務所サイトに多くのユーザーを誘導する施策の2つ目であるリスティング広告に関しては、できれば先生ご自身がリスティング広告についての知識を身につけていただきたいと思います。その理由は相続税の業務内容について熟知している広告代理店は基本的に存在しませんので、先生ご自身がリスティング広告の知識を身につけて広告代理店のサポートをする方が能力的にも効率的にもずっと速いですし、リスティング広告の大きな成果に繋がると考えられるからです。

相続税についての知識がないとリスティング広告の基本的なキーワード選定ができませんし、広告文についても十分にCTR「クリック率」が高い広告文が作成できませんと先生の事務所のGoogleからのリスティング広告の評価でもある広告ランクが下がり、CPC「クリック単価」の高騰に繋がりますので、効率がいいリスティング広告の運用ができなくなる可能性があります。

最後が、誘導してきたユーザーと問い合わせに効率よく繋げるの施策のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化については、ほとんどのランディングページが事務所サイトに訪れてきたユーザーの心理を考えて行動を促すといった基本的なセールスライティングができていませんので、最適化された効率のいいランディングページを手に入れるだけで、大きくネット集客に関する事務所の売り上げのアップに貢献できるものと思います。

ネット集客は、SEOをはじめ早く取り組み始めることで有利なことがたくさんありますので、先生の事務所でもぜひ正しい取り組み方でネット集客を始めることで、安心な事務所経営といった素晴らしい未来を手に入れていただきたいと思います。

税理士が取り扱う相続税のネット集客についての可能性についての解説は以上になります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひ、株式会社バウンスバックのWEBサイトもご覧になっていただきたいので、株式会社バウンスバック公式ホームページもよろしくお願いいたします。

◆株式会社バウンスバックからのご提案です◆

ここまでネット集客が事務所の売り上げのアップにマストな方法だといったお話しを続けてきましたが、先生によっては日々の仕事が忙しくネット集客で売り上げは伸ばしたいけど、ネット集客を先生ご自身で勉強して身に付けることが難しい先生に向けて、株式会社バウンスバックは、ネット集客に特化したWEBサイトの作成、ユーザーの心理を熟知したランディングページの作成、SEOでの事務所サイトのクリックの大幅な増加、法律業務に特化したリスティング広告の運用など、ネット集客での売り上げアップのサポートについて、どんなことでもご相談は無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。無料でのお問い合わせはこちらへ

よかったらシェアしてね!