SEOの内部施策はキーワード選定が重要です!士業のwebマーケティング

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

SEOは正しい知識で続けていけば、SEOを続けた期間と共に事務所の訪れるユーザーの数は確実に増えていきます!

SEOを続けることで当社がサポートしている事務所では当初1日ゼロだった訪問者が1年後には1日に200人ぐらいのユーザーが訪問するようになるまでに成長を遂げています。

SEOの内部施策を始めていくためには、まずSEOを行っていく上でのキーワードを決めていく必要があります。

今回のブログでは、士業のwebマーケティングのSEOの内部施策の前提になるキーワードの選定についての解説をしていきます。

今回のブログを読むと、SEОの内部施策の前提となる検索キーワードの選定についての理解をすることができます!

目次

SEOの内部施策を進めるにはキーワード選定がとても重要です!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門の集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

今回のブログは、士業のwebマーケティングのSEOの内部対策の前提となるキーワード選定というテーマで解説をいたします。

まず、SEOの内部施策の前提となるキーワード選定については、ユーザーの検索意図を把握することが必要になります。

では、このユーザーの検索意図を把握するということが、どのような意味なのかを解説いたします。

例えば、「会社設立」というキーワードでユーザーが検索した時の検索結果を考えてみましょう。

検索結果の画面を見ますと、上位には有料のリスティング広告の会社設立を仕事として提供している会社や事務所が表示されます。

そして、SEOで表示される自然検索の部分には、会社設立の流れ会社設立の必要書類といった会社設立のための情報提供のサイトが表示されます。

要するに、会社設立というキーワードで検索をしているユーザーは会社設立の手続きについての有益な情報が欲しいとグーグルは考えていることになりますので、会社設立というキーワードでSEОの上位表示を狙うのであれば会社設立に関しての情報をわかりやすく提供しているページが上位表示される可能性があることが予想されます。

これが、ユーザーの検索意図を把握するということの基本的な考え方になります。

また、検索するキーワードごとにグーグルが求めている情報が違いますので、SEOで上位表示をしたいキーワードごとにグーグルの求めている内容に沿ったサイトを作成する必要があります。

ただ、士業の業務については会社設立といったビッグワードでの上位表示は現在では難しいので、「会社設立 費用」「会社設立 助成金」「会社設立 流れ」といった2つの単語を掛け合わせたキーワードで上位表示を狙っていくのが現在の妥当なSEOの考え方になります。

このキーワードの単語の掛け合わせを調べるためには実際に検索エンジンで、想像できるキーワードで検索をしたり、前回ご紹介したSEOツールのラッコキーワードでサジェストを調べていくことになります。

そして、ご自身でSEOをしていきたいキーワードが決まりましたら実際にどれぐらいの検索ボリュームがあるかをキーワードプランナーで調べていきます。

では、実際に弁護士事務所を開業するケースで、SEOの内部対策の前提となるキーワード選定を一緒に考えてみましょう。

今回は仮に離婚をメインの取り扱い業務にした法律事務所のケースで考えてみますと、「離婚 準備」「離婚 協議書」「離婚 財産分与」「離婚 慰謝料」「離婚 親権」「離婚 相談」といった取り扱い業務の離婚に関係したキーワードで上位表示を目指していくことがSEOのキーワード選定ということになります。※当社の実際の業務ではより細かく分析してからSEOのキーワードを選定していきますので、こんな簡単にキーワードが決まるわけではありません。

ここまでが、SEOの内部対策の前提となるSEOのキーワード選定という作業になります。

また、ユーザーが検索するキーワードの意図には、大きく分けると5種類になります。

まず1番目が、特定のサイトを探す意図(楽天市場、amazonなど)

次の2番目は、そこに行きたいという意図(ネイルサロン、渋谷駅など)

そして3番目が、知りたいという意図(離婚 手続き、債務整理など)

次の4番目が、やってみたいという意図(自己破産、慰謝料請求など)

最後の5番目が、購入したいという意図(有機野菜、通販など)

士業の事務所ホームページの検索キーワードの意図を考えると、3番目の知りたいという意図4番目のやってみたいという意図がSEOの内部施策のキーワード選定で検討しなければならないキーワードで、さらに4番目のやってみたいという意図を含む検索キーワードは直接依頼に繋がる可能性が高い1番重要なキーワードになります。

そして、先生ご自身で上位表示を考えたキーワードに関しては実際に検索エンジンで検索をしてみましょう!

検索結果に上位表示されているのがどのようなサイトなのかを確かめて、グーグルがどういう意図で上位表示をさせているかを考えてみることがとても大切なことになります。

ここまでで、士業のwebマーケティングSEOの内部対策の前提となるSEOのキーワード選定についての解説は以上となります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる