非常に効果が高いSEOの外部施策!士業のwebマーケティング

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

SEOは正しい知識で続けていけば、SEOを続けた期間と共に事務所の訪れるユーザーの数は確実に増えていきます!

SEOを続けることで当社がサポートしている事務所では当初1日ゼロだった訪問者が1年後には1日に200人ぐらいのユーザーが訪問するようになるまでに成長を遂げています。

今回のブログでは、士業のwebマーケティングのSEOの外部施策についての解説をいたします。

今回のブログを読むと、士業のwebマーケティングSEOの外部施策についての理解が深まります。

目次

非常に効果が高いSEOの外部施策ですが、やり方を間違うとマイナスにも!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門の集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

今回のブログは、士業のwebマーケティングSEOの外部施策について!というテーマで解説をしていきます。

まず、SEOについて今後どのような施策をしていけばいいのかということのお話しをしていきます。

大きく分けますと、SEOには外部施策と内部施策の2つに分けられます。

そして、その1つ目の施策がSEOの外部施策になります。

外部施策については、被リンクについては現在でも効果があります。

では、被リンクについて説明をいたしますと、他のサイトで先生ご自身のサイトを紹介していただき、先生ご自身の事務所サイトへのリンクを貼っていただくことです。

例を挙げますと、先生の事務所で会社設立のお手伝いをした場合に、その手続きのお世話になったことをお客様がブログなどに書いてくれて、さらにそのブログの中に事務所へのリンクを貼ってくれると、そのリンクから先生ご自身の事務所サイトに飛べるようになります。

このように先生ご自身のサイトへの被リンクが貼られると、グーグルのSEOについての評価アップに繋がります。

多くのサイトが紹介をしてリンクを貼るような事務所サイトは有益なサイトだとグーグルが判断をしますので、被リンクはとてもSEOに効果があります。

次がサイテーションで、リンクまでは貼っていませんが、先生ご自身の事務所でお仕事をしてもらったことがよかったといったことを記事などに書いていただくことで、グーグルがその内容を読み取り先生の事務所サイトの評価に繋がることをいいます。

上記のように、外部の方が記事を書いてくれたり、被リンクを貼るような施策のことをSEОの外部施策といいます。

ただ、注意しなければならないことがあり、まず自作自演は絶対にNGになります!

ご自身の事務所サイト以外にも自分でブログを作って、対応がよかったといったよう記事を作り被リンクを貼るようなことは、グーグルが公式にNGを出していることなので、絶対にしないようにしましょう。

今から10年ぐらい前の話しにはなりますが、ブログを300個ぐらい自分で作成して、そのブログ全部から被リンクを貼ることで簡単に上位表示ができる時代がありました。

現在のグーグルは本当の意味で有益な情報が載っているサイトを上位表示したいという理念がありますので、そのグーグル本来の理念から外れるような自作自演の行為に対してはペナルティを与えるようになりました。

また、そういった悪質なSEOの歴史を踏まえていますので、グーグルは自作自演のSEOを見抜くことにとても優れています。

SEOの会社も正式なリンクを貼って上位表示を狙いますと言っていますが、何位以上だと費用が発生するシステムになっている会社もあり、そういった会社の中にはやはりリンクをあてれば順位が上がることがわかっていますので、リンクをあてて上位表示させて費用をいただき、もしペナルティを受けてしまったときは仕方がないと考えているような会社もあります。

ペナルティを受けてしまうと回復はとても難しいので、外部施策を推奨するSEOの会社にお願いするのはやめておいた方がいいでしょう。

外部施策に関しては自然に書いてもらうのが1番いいことですし、外部施策をコントロールするのは難しいので、リンクを貼ってもらうために何かするといったことは考えなくていいでしょう。

ここまでで、士業のwebマーケティングSEOの外部施策についての解説は以上となります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる