SEOに1番有効な内部施策の良質なコンテンツ!士業のwebマーケティング

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

SEOは正しい知識で続けていけば、SEOを続けた期間と共に事務所の訪れるユーザーの数は確実に増えていきます!

SEOを続けることで当社がサポートしている事務所では当初1日ゼロだった訪問者が1年後には1日に200人ぐらいのユーザーが訪問するようになるまでに成長を遂げています。

現在のSEOに関しては、良質なコンテンツが1番SEOに効果が高いと言われていますが、今回のブログでは、その良質なコンテンツについて解説をいたします。

今回のブログを読むと、SEOの内部施策で1番重要であると思われる優良なコンテンツについて理解を深めることができます!

目次

現在SEOに1番有効な内部施策の良質なコンテンツについて解説します!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門の集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

今回のブログは、士業のwebマーケティングのSEOの内部施策で1番重要であると言われている優良なコンテンツとは?というテーマで解説をしていきます。

良質なコンテンツを使ったSEOの施策に関しては、コンテンツSEOとも呼ばれています。

SEOに関しては、良質なコンテンツが1番効果が高いといろいろなところで言われていますが、では良質なコンテンツとはどういったことなのでしょうか?

まず、頭に入れておきたいことは、ユーザーが検索するキーワードは質問で、ウェブサイトはその回答だということです。

良質なコンテンツとは、ユーザーの質問にわかりやすく回答しているようなサイトが、良質なコンテンツを持つサイトだというのがグーグルの基本的な考え方になります。

以前のサムライ集客ガイドで、士業のwebマーケティングSEOの内部対策の前提となるSEOのキーワード選定というテーマで解説をいたしました。

そこで、上位表示を狙って選定したキーワードを盛り込んで、良質なコンテンツや記事を作成していくことになります。

そして、これを書くと先生方が萎えてしまいそうなことなのですが、とにかく多くの良質なコンテンツや記事を作成していくことで、長期的にウェブサイトが選定したキーワードでの上位表示に繋がっていきます。

さむらい行政書士法人の小島健太郎先生はYouTube動画の中で、今まで1500以上の記事を書いたとお話しをされていました。

まあ、これはちょっと凄すぎて簡単に実現することは難しいかもしれませんが、やはりコンテンツSEOに関しては良質なコンテンツにプラスして多くの記事を書くことが狙ったキーワードでの上位表示が実現できる最短の方法になります。

このコンテンツSEOに関しては、webマーケティングで成功している事務所はそれぞれが高いレベルで実現しているといってもいいでしょう。

ベリーベスト法律事務所、アディーレ法律事務所、法律事務所MIRAIO、司法書士法人みつばグループなど、ウェブマーケティングで成功している事務所は想像を超える量の良質なコンテンツを持ったWEBサイトをたくさん保有しています。

さむらい行政書士法人や有名な法律事務所たちのことを考えると、もはや先生ご自身が上位表示したいと考えたキーワードでの上位表示は現実的には不可能に思えますが、そこまで悲観的になる必要はありません。

最終的にはやり方次第で、SEOでの上位表示は今でも可能であると当社では考えています。

上位表示を狙うキーワードの的確な選定と戦略、また的確にキーワードを盛り込んだ良質なコンテンツや記事を作成し続けることで、まだまだ上位表示が可能ですし、SEOで多くのユーザーを事務所サイトに流入させることは現在でも可能であると当社では考えています。

ただ、SEOについては即効性はまったくありませんし、必ず上位表示できるという補償もありません。

しかし、1度SEOによって上位表示されれば、上位表示されている間は無料でユーザーを事務所サイトに流入させることができますし、なによりSEOによって上位表示されたWEBサイトを持つということは先生ご自身にとって価値のある財産を手に入れたのと同じだということが大きな意義ではないでしょうか。

ここまでで、士業のwebマーケティングSEOの内部対策の良質なコンテンツについての解説は以上となります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる