流入元の分析グーグルサーチコンソールの導入!士業のwebマーケティング

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

以前のブログで、無料なのに高性能な分析ツールのグーグルアナリティクスの導入についての解説をいたしました。

しかし、グーグルアナリティクスは事務所サイトに訪問してからのデータの分析で、どこからユーザーが来ているのか、どんなキーワードでユーザーが訪問したのかといったユーザーが事務所サイトに訪問する前のデータ分析はできません!

ユーザーが事務所サイトに訪問する前のデータは、グーグルが提供するもう1つの分析ツールであるグーグルサーチコンソールで解析する必要があります。

今回のブログは、グーグルが提供するもう1つの分析ツールであるグーグルサーチコンソールの導入の解説いたします。

今回のブログを読むと、グーグルサーチコンソールの導入方法と使用方法について理解をすることができます。

目次

流入元のキーワードの分析ができるグーグルサーチコンソールの導入!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門の集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

今回のブログでは、グーグルアナリティクスと同じような分析ツールであるグーグルサーチコンソールを導入しようというテーマでお話しをいたします。

では、グーグルサーチコンソールについて、グーグルアナリティクスとはどう違うのか?ということから解説をいたします。

まず、グーグルサーチコンソールもグーグルアナリティクスと同様に、グーグルが提供する無料のホームページの分析ツールになります。

では、どこが違うのかといいますと、グーグルアナリティクスは実際に事務所ホームページに訪れたユーザーの情報を分析する解析ツールに対して、グーグルサーチコンソールはユーザーが事務所ホームぺージに訪れる前の情報を解析することができるツールになります。

グーグルアナリティクスでは、どのようなキーワードで検索されてユーザーが事務所サイトに訪れてきたのかというデータは取得できないため、事務所サイトにどんなキーワードでユーザーが流入してきたかを確認するためにはグーグルサーチコンソールを導入する必要があります。

ユーザーがどんなキーワードで検索して事務所サイトに訪れてきたのかを把握する機能がグーグルサーチコンソールの最大の特徴だと言えます。

次に、グーグルサーチコンソールの他の特徴を解説いたします。

まず、もし事務所ホームページに抱えている問題点、例えばグーグルからのペナルティがあるケースなどでは、その状況をグーグルサーチコンソールで確認することができます。

次に、グーグルサーチコンソールでは、ご自身の事務所サイトがどのサイトからリンクされているかの状況を確認することができますので、その情報から事務所サイトのSEOの改善に繋げることができます。

以上が、グーグルサーチコンソールの主な機能になります。

基本的にグーグルサーチコンソールについては、グーグルアナリティクスを導入の際に同時にグーグルサーチコンソールの導入をしてしまった方がいいでしょう。

グーグルサーチコンソールの設置に関しては、グーグルアナリティクスとほぼ同じで、まずグーグルアカウントを作成してから、グーグルサーチコンソールのアカウントを作成します。

事務所サイトの制作を外注しているのであればホームページ制作会社にお願いすれば、簡単にグーグルサーチコンソールを設置していただけますので、ぜひ設置をお願いしましょう。

ただ、事務所サイトをワードプレスで作成している場合であれば、先生ご自身で簡単にグーグルサーチコンソールを設置することができます。

ワードプレスには、プラグインといってスマホのアプリのような機能があり、ワードプレスにプラグインを追加をすることで簡単にグーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールを導入できてしまいます。

ここまでで、士業のwebマーケティンググーグルサーチコンソールの導入についての解説は以上になります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる