ネット集客の効率UP!PASONAの法則!士業のwebマーケティング

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

以前のブログで、事務所ホームページのランディングページを改善すると、事務所の収益は劇的に変化する可能性があるというお話しをいたしました。

これは、当社の事例ですがランディングページの改善で受託が2倍以上になった例は普通によくあることなんです。

今回のブログは、LPO(Landing Page Optimization)ランディングページを改善して収益をアップさせる切り札とも言える考え方であるPASONAの法則について解説をいたします。

今回のブログを読むと、ランディングページの改善のための切り札とも言える考え方であるPASONAの法則についての基本的な理解ができます。

目次

ランディングページの改善で売り上げが2倍にも!PASONAの法則とは?

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門の集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

以前のブログでは、LPO(Landing Page Optimization)ランディングページの最適化についての解説をいたしました。

LPOとはランディングページの最適化を意味していて、例えば事務所ホームページに100件のお問い合わせがあり今まで平均5件の受託に繋がっていた状況から、ランディングページを改善することで、平均10件の受託に改善する施策のことです。

このケースでも事務所の売り上げは単純に2倍になりますので、ランディングページの改善で事務所の収益は劇的に変化する可能性があります。

今回のブログでは、LPOを実現させる考え方の1つであるPASONAの法則の解説をさせていただきます。

PASONAの法則とは、事務所のランディングページを作成する上で、訪問してきたユーザーをお問い合わせに繋げるための効率を最適化するための1つの考え方になります。

このPASONAの法則に当てはめて文章を書いていくことで、お客様をお問い合わせにスムーズに誘導していき、事務所の収益アップを実現いくための法則になります。

PASONAの法則は、3C分析と同様に英単語の頭文字を取った集客のための理論なので、それぞれの単語について解説をしていきましょう。

まず、PですがProblem(問題提起)で士業の事務所ホームページに当てはめて例を出すと、借金で悩んでいませんか?とか相続の手続きは済んでいますか?といった訪れたユーザーに問題提起をする文章を入れることです。

もちろん各事務所が取り扱っている業務の中で、訪問してきたユーザーに向けての問題提起になります。

次のAがAgitation(問題を煽る)で、このまま放置してしまうと今よりもまずいことになりますよ!といった少しユーザーを煽る文章を入れることです。

次がSО、Solution(問題解決)で、当事務所に相談することで悩んでいる問題を解決することができます!といった文章を入れることです。

そして、次がN、Narrowdown(限定感)で、当事務所は離婚問題の解決に1200件の実績があります!といった限定感があるような文章を入れることです。この部分は他の事務所と比較されたケースにおいても、ご自身の事務所を選んでもらうためのキーポイントになります。

最後が、A、Action(購買行動)で、こうした文章の流れの中で相談に繋がるボタンを配置することで、実際にユーザーがお電話やメールでの相談という行動に繋げていきやすくします。

ここで、大切なことは事務所ホームページに訪れたユーザーがどのような気持ちなのかを綿密に考え、そして訪れたユーザーに何を伝えたいかを考えながら事務所ホームページのレイアウトを作成することに大きな意味があります。

以前のブログでもずっとお話しをしていますが、いろいろな業務をしますよ!といった商品カタログのような事務所ホームページだと、なかなか実際の依頼には繋がりません。

事務所のランディングページは、PASONAの法則をベースにして、ご自身の事務所の得意とする分野で、依頼をするメリットを訪問してきたユーザーに的確に伝えることで、今までよりずっと多くの問い合わせに繋げることが実現できます。

次にランディングページを、とにかくよくするための極意についてですが、競合相手などの多くのランディングページを見ることで、ランディングページの改善について、ご自身で思慮深く考えることに尽きると思います。

最終的にランディングページの作成を制作会社にお願いするとしても、ご自身でランディングページのことを理解していないと本当にいいランディングページを作成することはできません!

ランディングページの制作会社が発注元である士業の業務を完全に理解するのは極めて困難ですので、まずご自身がランディングページについて理解していることで、初めてよりよいランディングページ作成することが可能になると思います。

ウェブマーケティングをマスターしてネットでの集客を増やしていくためには、今回のブログのランディングページの改善方法1つにしても、それを理解することは先生ご自身の大切な集客のための財産になると思います。

とにかく制作会社に丸投げすることだけは、絶対にダメですので、発注元である士業の先生と制作会社が必ず二人三脚でよりよいランディングページを作成していきましょう!

そして、このランディングページの良し悪しによって、ユーザーからのお問い合わせが2倍になることもあるようなとても重要なことなので、ぜひ時間をかけてランディングページを作成や見直しを行うようにしましょう。

ここまでで、士業のwebマーケティングPASONAの法則についての解説は以上になります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる