グーグルマップで集客を!MEOとは?士業の事務所の売り上げアップに!

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

士業の事務所の売り上げを伸ばすために1番重要なことは、とにかく先生の事務所サイトに多くのお客様を集めることです。

先生が仕事の合間に時間が空いたとき、近くのカフェを探して検索した時に、グーグルマップ上に候補のカフェのリストが表示された経験をお持ちだと思います。

このグーグルマップ上に先生の事務所を上位表示させる施策のことを、MEO「Map Engine Optimization」マップエンジン最適化といいます。

今回のブログは、MEO「Map Engine Optimization」マップエンジン最適化についての解説をいたします。

今回のブログを読むと、士業のwebマーケティング・MEO「Map Engine Optimization」マップエンジン最適化についての理解をすることができます。

グーグルマップから事務所へのネット集客の施策!士業のwebマーケティング

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門のネット集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

◆今回のブログのテーマ◆

先生の事務所の売り上げを伸ばすためには、最重要課題は先生の事務所サイトにお客様を集めることにあります。

素晴らしい事務所サイトも効率がいいランディングページもお客様が集まることで初めて機能するwebマーケティングの施策になります。

今回のブログでは、先生の事務所サイトにお客様を集めるための施策で、実店舗がるケースでは非常に効果が高いMEO「Map Engine Optimization」について特徴と活用方法について解説をいたします。

◆今回のブログの内容について◆

  1. MEOの特徴について
     
  2. MEOの活用について

MEOの特徴について【士業の事務所の売り上げアップに!】

今回のブログは、士業のwebマーケティングの MEO(Map Engine Optimization)マップエンジン最適化についての解説をいたします。

まずは、MEO(Map Engine Optimization)についての説明が必要だと思いますが、MEOとはグーグルマップの検索結果において店舗や事務所を上位表示させる施策のことをいいます。

例を挙げますと「カフェ 渋谷」「新宿 会計事務所」というように検索ワードに場所を入れて検索した時に、検索結果にグーグルマップが表示され、候補の店舗や事務所が表示されます。

ただし「渋谷 法律相談」といった地名は入っていても店舗や事務所とは関係ない検索キーワードだとグーグルマップは表示されませんので、MEOではなくSEOの領域になります。

このMEOで、グーグルマップに店舗や事務所を表示するためには、事前にグーグルマイビジネスに登録する必要があります。

グーグルマイビジネスとは、グーグル検索やグーグルマップ上で、先生のビジネスのプロフィールやWEBサイトを宣伝することができる無料のツールになります。

MEOは、グーグルマップでの検索結果において上位表示させることから、「ローカル検索」とか「ローカルSEO」とも呼ばれていますが、現在ではSEOに比べるとずっと簡単に上位表示することが可能です。

MEOはグーグルマップ上にの検索結果に表示させる施策なので、リアルな店舗がある業種であるレストラン、ネイルサロン、美容院などでは特に強力な施策なのですが、同じように法律関連の業種もリアル事務所を持ってはいるもののMEOによって依頼が増えたというのは、当社でもMEOは行っていますが、あまり情報としては多くありません。

例えば、「渋谷 カフェ」でグーグルで検索をしますと、下記の写真のように表示され、上位に表示されたカフェには、スマホで検索したお客様が訪れる可能性が高くなり、店舗の売り上げアップにも大きく貢献することが期待できます。

MEOの活用について【士業の事務所の売り上げアップに!】

カフェやネイルサロン、美容室などは口コミが数十から数百程度の数がありますが、法律事務所などでは口コミが数件でもあればいい方なので、スマホで検索しながら気楽に訪れるカフェ、美容室、ネイルサロン、レストランといった業種と比較すると、法律関連の事務所はMEOでグーグルマップで上位表示されても依頼が増えるとは考えにくく、SEOと比較すると法律関連の事務所にとってはMEOの効果はそれほど期待できるわけではありません。

また、MEOにはデメリットもあり、口コミで依頼人にネガティブなことを書かれてしまうと、その後事務所の口コミを見たユーザーが依頼を躊躇してしまうといったマイナス面もあります。

また、MEOは法律の業種によっても載せた方がいい業種とそうでない業種があり、トラブルの相談が多い事務所は相談したユーザーにネガティブな口コミを書かれやすいといった傾向があり、業務内容によってもMEOの施策をするかどうか判断してもいいでしょう。

ユーザーが気楽に訪れることができるカフェやネイルサロンのような実店舗においては、とても強力な施策のMEOですが、法律関連の事務所にとっては大きなプラスがあるとは考えにくいので、ネガティブな口コミを書かれにくい法律業務とサービス内容であれば、先生の事務所のMEOを検討してもいいのではないでしょうか。

ここまでで、グーグルマップで集客を!MEOとは?士業の事務所の売り上げアップに!についての解説は以上となります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひ、株式会社バウンスバックのWEBサイトもご覧になっていただきたいので、株式会社バウンスバック公式ホームページもよろしくお願いいたします。

◆株式会社バウンスバックからのご提案です◆

ここまでネット集客が事務所の売り上げのアップにマストな方法だといったお話しを続けてきましたが、先生によっては日々の仕事が忙しくネット集客で売り上げは伸ばしたいけど、ネット集客を先生ご自身で勉強して身に付けることが難しい先生に向けて、株式会社バウンスバックは、ネット集客に特化したWEBサイトの作成、ユーザーの心理を熟知したランディングページの作成、SEOでの事務所サイトのクリックの大幅な増加、法律業務に特化したリスティング広告の運用など、ネット集客での売り上げアップのサポートについて、どんなことでもご相談は無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。無料でのお問い合わせはこちらへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!