改善で売り上げが2倍にも!LPOとは?士業のwebマーケティング

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

今回のブログでは、LPO(Landing Page Optimization)ランディングページの最適化についての解説をいたします。

事務所ホームページのランディングページを改善すると、事務所の収益は劇的に変化する可能性があります。

これは、当社の事例ですがランディングページの改善で事務所の売り上げが2倍以上になった例は普通によくあることなんです。

今回のブログを読むと、LPO(Landing Page Optimization)ランディングページの最適化についての基本的な理解ができます。

目次

ランディングページの改善で事務所の売り上げが2倍になったケースも!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門の集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

今回のブログでは、LPO(Landing Page Optimization)ランディングページの最適化についての解説をいたします。

ランディングページを直訳いたしますと着地するページということになり、事務所のホームページの中で1番最初に見られるページということになります。

ランディングページというとリスティング広告などで表示される縦長のページを想像される方が多いかもしれませんが、今回のブログでのランディングページは、広告用の縦長のものも含めて、事務所ホームページに着地する最初のページだと考えてください。

そして、今回のブログのLPOとは、そうしたランディングページの最適化を意味していて、例えば事務所ホームページに100件のユーザーからのお問い合わせがあり、今までは平均5件の受託に繋がっていた状況から、ランディングページを改善することで、平均10件の受託に改善するといった施策のことになります。

もし、5件の受託が10件になると仮定すると事務所の売り上げは単純に2倍になりますので、ランディングページの最適化は売り上げに直結するとても重要な施策になります。

以前のブログで3C分析の実践編を行いましたが、その分析・調査の結果から、訪れてきたユーザーに対し事務所のランディングページで何を伝えるのかを決めていくことになります。

また、備品などの安価なものを購入する場合と異なり、法律でのサービスは高価な商品になりますので、比較された場合でもご自身の事務所を選んでもらう必要があります。

今回のブログでも、いきなりLPOという言葉が出てきて困惑された方がいるかもしれませんが、法律系のホームページに一般のユーザーが訪れると、基本的に???のオンパレードになることが多く、ランディングページに限らず事務所ホームページには専門用語を使わずにわかりやすく作成した方が受託率は間違いなく向上いたします。

事務所ホームページに訪問するユーザーは、想像以上に法律用語がわからない方が多いと想定して、中学生ぐらいの知識の人が読んでも内容を十分に理解できる程度を基本にして事務所のホームページを作成した方が必ずいい結果に繋がると思います。

また、デザインについては、事務所ホームページの制作に費用をかけて凝ったデザインにしても受託率の向上に繋がることはありません。

一般的なユーザーは、スマホにしてもパソコンにしても、いつも見ているホームページの構成に慣れていますので、変に凝ったページを作ってお問い合わせやメール相談の位置などを違う位置に配置してしまうとユーザーが困惑して受託率が下がることがあります。

以上が士業のwebマーケティングLPOの基本的な考え方は以上になります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる