改善することで士業の事務所の売り上げが2倍以上にも!LPOとは?

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

ランディングページの改善で売り上げが2倍以上にも!今回のブログは、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についての解説をいたします。士業の事務所サイトのランディングページを改善すると、事務所のネット集客の売り上げは劇的に変化する可能性があります。

今回のブログでは、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についての解説をいたします。

事務所ホームページのランディングページを改善すると、事務所の収益は劇的にアップする可能性があります。

これは、当社の事例ですがランディングページの改善で事務所の売り上げが2倍以上になった例は普通によくあることなんです。

今回のブログを読むと、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についての基本的な理解ができます。

そして今回のブログには、書籍などには絶対に書いていない皆様の知らないネット集客の特別な技法を公開していますので、ぜひ最後まで読んでいただき、その技法について評価をしていただきたいと思います。

ランディングページ改善でネット集客が2倍に!士業のwebマーケティング

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門の集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

◆今回のブログのテーマ◆

先生の事務所サイトのランディングページを改善すると、事務所の売り上げが劇的に変化する可能性があります。

事務所サイトのランディングページの改善で、事務所の売り上げが2倍以上になることは普通にあることで、事務所サイトへのネット集客が上手くいってきたら次に1番重要になるのは、LPO「Landing Page Optimization」ということになります。

今回のブログは、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についての解説をいたします。 できるだけ例を挙げてわかりやすいように解説をいたしますので、ぜひ読んでください。

◆今回のブログの内容について◆

事務所サイトのランディングページについて

今回のブログでは、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についての解説をいたします。

ランディングページを直訳いたしますと着地するページということになり、事務所のホームページの中で1番最初に見られるページということになります。

ランディングページというとリスティング広告などで表示される縦長のページを想像される方が多いかもしれませんが、今回のブログでのランディングページは、広告用の縦長のものも含めて、事務所ホームページに着地する最初のページだと考えてください。

そして、今回のブログのLPOとは、ランディングページの最適化を意味していて、例えば先生の事務所ホームページに1カ月に1000人のユーザーが訪問していたとして、その訪問してきたユーザーの中から今までは平均10件のお問い合わせがあった状況から、ランディングページを改善することで、平均20件のユーザーからの問い合わせを増やすように改善する施策のことをLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化ということになります。

もし、10件の問い合わせが20件の問い合わせ増えるとと仮定すると事務所の売り上げは単純に2倍になりますので、ランディングページの最適化は売り上げに直結するとても重要な施策になります。

LPOは単体ではまったく機能しません

LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化が上手くいくと事務所の売り上げが2倍になることがあるぐらい強力だということで、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化に興味を持った先生も多いとは思いますが、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化を成功させるためには、とっても重要な前提条件があります。

要するに、どんな素晴らしいランディングページを持った事務所サイトでもユーザーが多く訪問してくれない事務所サイトでは素晴らしいランディングページも宝の持ち腐れになってしまいます。

LPOを改善してもLPO単体ではまったく効果を発揮することができませんので、まずSEOやリスティング広告などの事務所サイトへの効率のいいネット集客が前提となってLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化は効率よく機能して成果を出すことができるようになります。

ライティング技術の脅威の威力

今回のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化は、本当にわかっている人間が使うとかなり強力な効果があるテクニックになります。

以下のランディングページは、自己破産関連の検索ワードで検索した時のリスティング広告で表示された事務所のライティングページになります。

なるべくわからないようにいろいろと削除していますが、お金を出して広告表示するリスティング広告のランディングページとしては、最低ランクのランディングページになります。

今回、自己破産関連のキーワードでユーザーが検索をしていますので、ユーザーの悩みは現在借金の返済に困っていて借金問題を解決したいという思いから広告をクリックしたというのがユーザーの気持ちの想像になります。

そんな借金問題を解決したいと考えて、わらをも掴むつもりで検索した広告がこれだと、おそらくほとんどのユーザーが3秒ぐらいで離脱するものと思われます。

リスティング広告のランディングページは、一目見ただけで今自分が抱えている悩みを解決してくれると判断できなければユーザーはそのままWEBサイトから離脱してしまいます。

LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化の細かいテクニックは次回以降のブログでお話しをいたしますが、リスティング広告の広告をクリックしてまでご自身の悩みの解決を望んでいるユーザーに対しては、そのユーザーが望んでいる回答を提示してあげるだけでも問い合わせに繋がる率は何倍にもなります。

今回の例でいえば、自己破産関連のキーワードでランディングページに訪れてきたユーザーには「次の返済ができない」「今後の返済が難しい」「督促の電話が辛い」「自己破産で解決したい」といったような悩みを持って検索をしてきた可能性がありますので、想定している悩みを解決してあげて、さらに解決後の未来を想像させるようなランディングページを作ってあげるだけでも問い合わせに繋がる率は飛躍的にあがります。

今回のランディングページには、今お話しをしたユーザーの悩みを解決するような回答が1つもありません。

大手企業のランディングページには、ランディングページに訪れたユーザーの心理を考えて、その企業のサービスや商品を売るためのセールスライティング技術のロジックを使って、効率がいいランディングページを制作しています。

どうでしょうか?LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化について少しだけ理解できましたでしょうか?

さて、今回のブログの最初に、「ぜひ最後まで読んでいただき、その技法について評価をしていただきたいと思います。」という文章がありましたが、この文章は技法について評価していただきたいから書いた文章ではなく最後まで読んでいただくための文章だったんです。今ここまでブログを読んできた方は私のセールスライティングで行動をコントロールされてしまったことになります。

大手企業は、こうしたセールスライティングの技術を巧みに利用して人間の行動を制御してサービスや商品を効率よく売っています。

次回のブログからは、LPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化についての細かい技術について解説をいたしますので、ぜひ楽しみにしていただきたいと思います。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひ、株式会社バウンスバックのWEBサイトもご覧になっていただきたいので、株式会社バウンスバック公式ホームページもよろしくお願いいたします。

◆株式会社バウンスバックからのご提案です◆

ここまでネット集客が事務所の売り上げのアップにマストな方法だといったお話しを続けてきましたが、先生によっては日々の仕事が忙しくネット集客で売り上げは伸ばしたいけど、ネット集客を先生ご自身で勉強して身に付けることが難しい先生に向けて、株式会社バウンスバックは、ネット集客に特化したWEBサイトの作成、ユーザーの心理を熟知したランディングページの作成、SEOでの事務所サイトのクリックの大幅な増加、法律業務に特化したリスティング広告の運用など、ネット集客での売り上げアップのサポートについて、どんなことでもご相談は無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。無料でのお問い合わせはこちらへ

よかったらシェアしてね!