弁護士のネット集客・民事再生についての分析調査【webマーケティング】

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

それぞれの資格の取り扱い業務によって、その業務の市場規模や顧客ニーズ、競合他社などの環境をはじめ、その業務でのSEOの現状とリスティング広告の状況についてはまったく違います。

弁護士の先生が今後取り扱っていく業務に関して先が見えていないと、その業務でどれぐらいの売り上げに繋がるかは不安があるのではないでしょうか?

もし弁護士先生が今後取り扱っていこうと考えている業務について、事前にネット集客のいろいろな情報がわかっていたら、それは有益な情報として今後の事務所のネット集客に活用できると思います。

今回のブログは、弁護士の業務の中で、取り扱い業務に民事再生(個人再生)を選んだ場合に、ネット集客での分析調査として、民事再生(個人再生)のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、民事再生(個人再生)のSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)についての現状について解説をいたします。

今回のブログを読むと、弁護士の先生が取り扱い業務に民事再生(個人再生)を選択した場合のネット集客についての現状を把握することができますので、ぜひブログを読んでいただきたいと思います。

弁護士の取り扱い業務に民事再生(個人再生)を選択した場合の分析調査!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門のネット集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

今回のブログは、弁護士の業務の中で、取り扱い業務に民事再生(個人再生)を選んだ場合に、ネット集客での分析調査として、民事再生(個人再生)のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、民事再生(個人再生)のSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)についての現状について解説をいたします。

民事再生(個人再生)については、正確に言うと債務整理の1部の業務になりますが、民事再生(個人再生)単体としての取り扱い業務としては他の債務整理案件と比較しても要件が厳しいこともあり、ネット集客を民事再生で訴求してもご相談の中から任意整理や自己破産にも振り分けて、それぞれの手続きで受託していくことになります。

また、規模の大きな法人の民事再生については事務所規模が大きくないと対応できないケースも出てきますので、提携している事務所の有無によっても対応が変わってきますが事務所の規模によっては個人再生がメインの業務になってくると思います。

個人再生は司法書士も業務として取り扱っている事務所もありますが、司法書士には個人再生に関する代理権がありませんし、管財費用が弁護士と比較して高額になることもあり、民事再生(個人再生)は弁護士の独占業務だということもメリットになります。

それでは、弁護士先生が今後の取り扱い業務に民事再生(個人再生)を選んだケースを解説していきましょう。

まず、民事再生(個人再生)に関連する業務に関してのキーワードプランナーでの3C分析での分析調査の結果は、民事再生という言葉自体を知らないユーザーも多いので市場規模としての検索ボリュームはまずまずで、顧客ニーズについては申し分ありません!

また、民事再生(個人再生)という業務が緊急性と秘密性を兼ね備えているところからもネット集客に向いている取り扱い業務だと言えるでしょう。

現在はZOOMなどの普及から遠距離の顧客でも受託が可能だというインフラが揃っていますので、大手の法律事務所は全国展開で民事再生の業務の対応をしていますが、今回のように新しく取り扱い業務として民事再生(個人再生)を選択するのであれば、仕事を受託する商圏はある程度絞った方がいいと思います。

次に、民事再生(個人再生)に関しての3C分析の競合相手の分析調査ですが、競合相手のランディングページに専用のものを使用している事務所も多く、競合相手に大手の事務所もありますので、競合相手のランディングページはしっかりと分析調査する必要があります。

民事再生(個人再生)の競合相手は、相談料や着手金をゼロにしている事務所も多いので、競合相手の相談料、着手金、成功報酬などのランディングページの情報はしっかりと分析調査をして、競合相手に負けないように、ユーザーを事務所サイトの問い合わせに誘導するための敷居は下げておかないと競合相手に後れを取ることになってしまいます。

次に、民事再生(個人再生)のSEOに関しては、かなり多くの民事再生(個人再生)に関するページがよく作りこまれているので、ロングテールのキーワードの上手く選択して、多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの事務所サイトへのネット集客を狙っていく施策がいいでしょう。

また、民事再生(個人再生)は仕事を受託する商圏を絞るのであれば、ローカルSEOという施策も検討することができます。

SEOについては大手のサイトが上位表示されているとあきらめてしまいがちですが、SEOを始めるのに遅すぎるということはありませんので、民事再生に関しての専門サイトを作成しコンテンツを少しずつでも充実させていくことで、徐々にですが確実に訪問者数は増えていきます。

民事再生に関してのWEBサイトがSEOで上位表示されれば、先生ご自身のWEBサイトが費用をかけずにネット集客に繋がる大切な資産になりますので、ぜひ少しずつでもSEOは進めていいただきたいと思います。

また今後民事再生(個人再生)を事務所の主力業務の1つに選択していくのであれば、本体の事務所サイトの他に民事再生(個人再生)の専門サイトを作成して、その専門サイトをSEOしていく方が後に他の債務整理業務への展開を考えますと柔軟性があってお勧めになります。

リスティング広告の民事再生(個人再生)に関してのクリック単価は債務整理ほどではありませんが、かなりの高騰が見られ、民事再生(個人再生)の事務所サイトへの問い合わせのCPA(相談単価)に関しては、その他の債務整理のお問い合わせも含めて現状では1万円~2万円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の改善、入札戦略の最適化などで、相談単価(CPA)を安定して1万円程度に引き下げることが広告運用の目標になってくると思います。

民事再生(個人再生)の相談単価が1万5千円以内に落ち着けば、50万円のリスティング広告の予算で30件程度の事務所への問い合わせを確保できますので、その相談の内の2割程度の受託ができれば1か月あたり7件程度の民事再生案件(任意整理と自己破産を含む)の受託が獲得できることになります。

1カ月に7件程度の案件が受託できれば、民事再生(任意整理と自己破産を含む)を扱ったことがある弁護士先生であればどれぐらいの売り上げになるかは予想できると思います。

民事再生(個人再生)に関してのディスプレイ広告の出稿は見たことがある程度で、ヤフー広告のリターゲティング広告で少しの配信が確認できます。ただし、グーグル広告のディスプレイ広告に関してはリマーケティング広告が使用できないのと、そもそもターゲットを絞っての広告の配信もできませんので、グーグル広告に関しての民事再生(個人再生)に関するディスプレイ広告は難しいと思います。

民事再生(個人再生)業務に関する当社の総括になりますが、現在でも多くの法律事務所が参入はしてはいますが、他の債務整理とは違って司法書士との競合が少ないところや、大手の法律事務所も他の債務整理の過払い金や任意整理ほど力を入れていないところなどが、今後の取り扱い業務としてのメリットになります。また、他の債務整理より受託単価が高額なところもメリットになります。

ここまでで、弁護士の取り扱い業務に民事再生(個人再生)を選択した場合のネット集客の分析調査! というテーマの解説は以上となります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!