弁護士のネット集客・ネットトラブルの分析調査【webマーケティング】

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

今回のブログからは、それぞれの資格別に先生が取り扱う業務でのネット集客を行った場合についての解説をいたします。

それぞれの資格の取り扱い業務によって、その業務の市場規模や顧客ニーズ、競合他社などの環境をはじめ、その業務でのSEOの現状とリスティング広告の状況についてはまったく違います。

今回のブログは、その第1回目として、弁護士の業務の中で、取り扱い業務にネットトラブルを選んだ場合に、ネット集客での分析調査として、ネットトラブルのネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、ネットトラブルのSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)についての現状について解説をいたします。

今回のブログを読むと、弁護士の先生が取り扱い業務にネットトラブルを選択した場合のネット集客についての現状を把握することができます。

弁護士の取り扱い業務にネットトラブルを選択した場合の分析調査!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門のネット集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

今回のブログは、弁護士の業務の中で、取り扱い業務にネットトラブルを選んだ場合に、ネット集客での分析調査として、ネットトラブルのネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、ネットトラブルのSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)についての現状について解説をいたします。

まず、ネットトラブルとしての業務は、「風評被害」、「誹謗中傷」、「悪質な書き込み」、「ネガティブな関連ワード」といったネット上の記事や検索結果などへの削除対策がメインになります。

まず、ネットトラブルに関してのキーワードプランナーでの3C分析での分析調査の結果は、市場規模としての検索ボリュームは十分ですし、顧客ニーズについても申し分ありません!

次に、3C分析の競合相手の分析調査の結果は、まず競合相手の多くに同業者以外の一般の業者が多く、他の業種の行政書士などもいるなど、競合相手としては、まだ楽な相手が多いといった状況だということが分析調査の結果になります。

もちろん競合相手に弁護士事務所もいますので、競合相手の相談料、着手金、成功報酬などのランディングページの情報はしっかりと分析調査をして、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための敷居は下げるべきだと思います。

弁護士以外の一般のネットトラブルの業者は基本的には逆SEOでネガティブなワードが表示されないようにする対処方法がメインになり、ネットトラブルの根本的な解決にはいたりませんので、弁護士事務所の多くがこの業務に参入した際には淘汰されていくと考えられます。

また、弁護士以外の資格では、削除請求と書き込みをした個人の特定はできませんので、ネットトラブルに関しては弁護士にとても大きなアドバンテージがあります。

次にネットトラブルの仕事の受託単価に関しては競合相手の業者が、削除の対応にとても高額な値段を設定していますので、この点でもネットトラブルの受託単価を高く設定できるといったメリットがあります。

また、同業者である弁護士先生も基本的にネット環境に抵抗がある先生も多いので、ネットトラブルは現状ではかなり楽にネット集客が可能な弁護士の取り扱い業務だと判断できます。

次に、ネットトラブルのSEOに関してはネットトラブルを調べるための検索キーワードの種類がとても多く、いろいろなキーワードでの上位表示が可能です。

ネットトラブルに関しては、早めにコンテンツSEOに着手してご自身のWEBサイトを資産化できると将来は費用をかけずに自然検索からのネット集客が可能になります。

現在のネットトラブルに関するWEBサイトは専門用語を多く使っていることが多く、まだまだコンテンツSEOで多くのキーワードで上位表示が可能な状況だと思います。

また、ネットトラブルのSEOについては事務所サイトの本体でも可能ですが、ネットトラブルの業務に特化した専門サイトを作成して、その専門サイトでSEOしていく方が、後に他の業務への展開を考えますと柔軟性があってお勧めになります。

ネットトラブルを事務所の新たな取り扱い業務にすることは、インターネットについての特別な知識が必要になるといったハードルの高さはありますが、現地に出かけるといった作業は少ないので事務所の人員の確保は必要最低限で済むといったメリットがあります。

次がリスティング広告についてですが、ネットトラブルに関連する検索キーワードのクリック単価は、他の弁護士業務と比較するとそれほど高騰していませんし、リスティング広告の検索結果に広告表示される競合他社のランディングページも、まだまだ改善できるページが多いというのが当社の見解になります。

リスティング広告のCPA(相談単価)に関しても、現状では5千円~1万円程度には落ち着くと思いますので、かなり効率よく受託に繋げられると思います。

相談単価が1万円以内に落ち着けば、50万円のリスティング広告の予算で60~80件程度の事務所への問い合わせを確保できますので、その相談の内の2割程度の受託ができれば1か月あたり15件程度のネットトラブル案件の受託が獲得できることになります。

1カ月に15件程度のネットトラブルの案件が受託できればネットトラブルを扱ったことがある弁護士先生であればどれぐらいの売り上げになるかは予想できると思います。

ここまでで、弁護士の取り扱い業務にネットトラブルを選択した場合の分析調査! というテーマの解説は以上となります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!