弁護士のネット集客・企業法務についての分析調査【webマーケティング】

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

それぞれの資格の取り扱い業務によって、その業務のネット集客に関する市場規模や顧客ニーズ、競合他社などの環境をはじめ、その業務でのSEOの現状とリスティング広告の状況についてはまったく違います。

弁護士の先生が今後取り扱っていく業務に関して先が見えていないと、その業務でのネット集客がどれぐらいの売り上げに繋がるかは不安があるのではないでしょうか?

もし弁護士先生が今後取り扱っていこうと考えている業務について、事前にネット集客のいろいろな情報がわかっていたら、それは有益な情報として今後の事務所のネット集客に活用できると思います。

今回のブログは、弁護士の業務の中で、取り扱い業務に企業法務を選んだ場合に、ネット集客での分析調査として、企業法務のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、企業法務のSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)についての現状について解説をいたします。

今回のブログを読むと、弁護士の先生が取り扱い業務に企業法務を選択した場合のネット集客についての現状を把握することができますので、ぜひブログを読んでいただきたいと思います。

弁護士の取り扱い業務に企業法務を選択した場合の分析調査!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門のネット集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

今回のブログは、弁護士の業務の中で、取り扱い業務に企業法務を選んだ場合に、ネット集客での分析調査として、企業法務のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、企業法務のSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)についての現状について解説をいたします。

顧問契約に関しては、法律事務所とすでに顧問契約をしている大手が顧問契約を変更することはほとんどありませんし、一般的な会社だとすでに税理士が税務顧問契約をしていますので、顧問税理士の紹介で弁護士事務所を選ぶ会社が多いというのが現状になります。

企業法務のネット集客については、弁護士先生の開業の取り扱い業務のメインにするのは正直難しいと思いますので、企業法務はメインの取り扱い業務を決めた上でのサポート的な業務として考えていくことがベターだと思います。

それでは、弁護士先生が今後の取り扱い業務に企業法務を選んだケースを解説していきましょう。

まず、企業法務に関連する業務に関してのキーワードプランナーでの3C分析での分析調査の結果は、市場規模としての企業法務の検索ボリュームはまずまずですが、顧客ニーズについてはあるのですがネット集客に向いているとは言えません。

企業法務については、競合他社もZOOMなどのコミュニケーションツールを利用して遠距離の顧客の取り込みを行っていますので、商圏は大きく考えた方がネット集客に向いています。

企業法務に関する3C分析の競合相手の分析調査ですが、競合相手は多岐に渡り巨大なポータルサイトをはじめ、専用のランディングページを持っている事務所のあればそうでもない事務所もあり、 さらに競合相手も大手の法律事務所を含めて多岐に渡ってきますので、 ネット集客で企業法務案件を安定して受託するのは、非常に難しいというのが3C分析の分析調査の結果になります。

企業法務でのネット集客を考えるのであれば競合相手の相談料、着手金、顧問料などのランディングページの情報はしっかりと分析調査をして、競合相手に負けないように、ユーザーを事務所サイトの問い合わせに誘導するための敷居は下げておかないと競合相手に後れを取ることになってしまいます。

企業法務のSEOに関しては、かなり多くの企業法務に関するページがよく作りこまれているので、正直かなリ難しいというのが現状で、仮にSEOで上位表示されたとしても、顧問契約に繋がるかどうかは少し微妙な印象を受けます。

事務所サイトの作成については、本体の事務所サイトの中に企業法務のページを作成して、その企業法務のページの中に記事を増やしていくといった方法でSEOに取り組むぐらいで、もし企業法務のSEOに力を入れるのであれば、その労力を他の取り扱い業務のSEOに充てた方がネット集客の効率化という意味ではずっとメリットがあると思います。

リスティング広告での企業法務に関連したクリック単価はまずまずの価格ですが、問い合わせのCPA(相談単価)に関してのデータは当社および関連の会社にはなく、ポータルサイトの存在からもリスティング広告から契約に繋がらない訳ではないと考えられますが効率よく顧問契約を受託するのは難しいかもしれません。

ディスプレイ広告については、企業法務のバナー広告を出稿している法律事務所が確認できますが、引き続いて出稿している大手の法律事務所はありませんので、効率よく顧問契約が受託できているのかは難しいのかもしれません。

企業法務に関する当社の総括になりますが、現在でもある程度の法律事務所が企業法務のネット集客に参入してはいますが、企業法務に関してはそれ以上にポータルサイトの存在が気になります。企業法務に関しては他の業務では必ず顔を出してくるネット集客に関しての大手の弁護士事務所があまり力を入れていない点もネット集客が難しいことの証明になっていると思います。ネット集客の取り扱い業務としての企業法務の考え方は、他にも効率よくネット集客に繋がる業務が多くありますので、リスティング広告にかける費用は抑えめで成果を見ながら運用して、企業法務のSEOに関しても事務所サイトの中でSEOしていくことで長いスパンでネット集客を考えていく方がいい業務だと判断できます。

ここまでで、弁護士の取り扱い業務に企業法務を選択した場合のネット集客の分析調査! というテーマの解説は以上となります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!