弁護士のネット集客・労働問題についての分析調査【webマーケティング】

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

それぞれの資格の取り扱い業務によって、その業務の市場規模や顧客ニーズ、競合他社などの環境をはじめ、その業務でのSEOの現状とリスティング広告の状況についてはまったく違います。

今回のブログは、弁護士の業務の中で、取り扱い業務に労働問題を選んだ場合に、ネット集客での分析調査として、労働問題のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、労働問題のSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)についての現状について解説をいたします。

今回のブログを読むと、弁護士の先生が取り扱い業務に労働問題を選択した場合のネット集客についての現状を把握することができます。

弁護士の取り扱い業務に労働問題を選択した場合の分析調査!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門のネット集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

今回のブログは、弁護士の業務の中で、取り扱い業務に労働問題を選んだ場合に、ネット集客での分析調査として、労働問題のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、労働問題のSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)についての現状について解説をいたします。

労働問題としての業務は、「未払い給料の請求」、「未払い残業代に請求」、「未払い退職金の請求」、「不当解雇」といったことへの請求または対応になります。

それでは、弁護士先生が今後の取り扱い業務に労働問題を選んだケースを解説していきましょう。

まず、労働問題および労働問題に関連する業務に関してのキーワードプランナーでの3C分析での分析調査の結果は、市場規模としての検索ボリュームは十分ですし、顧客ニーズについても申し分ありません!

労働問題については、ZOOMなどの普及から遠距離の顧客でも受託が可能だというインフラが揃っていますので、業務を受託する商圏は大きく考えた方がネット集客に向いています。

次に、3C分析の競合相手の分析調査ですが、競合相手のランディングページに専用のものを使用している事務所も多く、競合相手に大手の事務所もありますので、競合相手のランディングページはしっかりと分析調査する必要があります。

競合相手の相談料、着手金、成功報酬などのランディングページの情報はしっかりと分析調査をして、競合相手に負けないように、ユーザーを問い合わせに誘導するための敷居は下げるべきだと思います。

リスティング広告のクリック単価はそれほど高騰しておらず、他の業務と比較すると決まった検索キーワードがなく、多くの検索キーワードに分散していることがクリック単価が少し抑えられている要因だと考えられます。

次に、労働問題に関してのSEOに関しては労働問題を調べるための検索キーワードの種類がとても多く、いろいろなキーワードでの上位表示が可能ですので、早めにコンテンツSEOに着手してご自身のWEBサイトを資産化できると将来は費用をかけずに自然検索からのネット集客が可能になります。

リスティング広告の労働問題関連の事務所サイトへの問い合わせのCPA(相談単価)に関しては、現状では1万5千円程度が予想されますが検索キーワードの分散を上手く精査することで、さらに相談単価(CPA)を引き下げることが可能だと思います。

労働問題のディスプレイ広告に関しては現状では出稿している事務所はあまり多くありません。

相談単価が1万円を少し超えるぐらいに落ち着けば、50万円のリスティング広告の予算で40件程度の事務所への問い合わせを確保できますので、その相談の内の2割程度の受託ができれば1か月あたり8件程度の労働問題案件の受託が獲得できることになります。

1カ月に8件程度の労働問題の案件が受託できれば労働問題を扱ったことがある弁護士先生であればどれぐらいの売り上げになるかは予想できると思います。

ここまでで、弁護士の取り扱い業務に労働問題を選択した場合のネット集客の分析調査! というテーマの解説は以上となります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!