司法書士のネット集客・相続遺言について分析調査【webマーケティング】

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

それぞれの資格の取り扱い業務によって、その業務のネット集客に関する市場規模や顧客ニーズ、競合他社などの環境をはじめ、その業務でのSEOの現状とリスティング広告の状況についてはまったく違います。

司法書士の先生が今後取り扱っていく業務に関して先が見えていないと、その業務でのネット集客がどれぐらいの売り上げに繋がるかは不安があるのではないでしょうか?

もし司法書士の先生が今後取り扱っていこうと考えている業務について、事前にネット集客のいろいろな情報がわかっていたら、それは有益な情報として今後の事務所のネット集客に活用できると思います。

今回のブログは、司法書士の業務の中で、取り扱い業務に相続遺言を選んだ場合に、ネット集客での分析調査として、相続遺言のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、相続遺言のSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)についての現状について解説をいたします。

今回のブログを読むと、司法書士の先生が取り扱い業務に相続遺言を選択した場合のネット集客についての現状を把握することができますので、ぜひブログを読んでいただきたいと思います。

司法書士の取り扱い業務に相続遺言を選択した場合の分析調査!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門のネット集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

今回のブログは、司法書士の業務の中で、取り扱い業務に相続遺言を選んだ場合に、ネット集客での分析調査として、相続遺言のネット集客での市場規模と顧客ニーズ、競合相手の分析調査、相続遺言のSEOの現状とリスティング広告のCPC(クリック単価)やCPA(相談単価)についての現状について解説をいたします。

相続遺言を取り扱い業務にしているのは、司法書士以外にも弁護士、行政書士などのいろいろな資格があります。

相続が起きてトラブルになったケースは弁護士の独占業務になりますが、相続での名義変更などに関しては司法書士が1番知名度が高いと思います。

しかし、相続遺言に関しては、相続税が絡むと税理士の領域になりますので、相続遺言には多くの資格が関係してくることになり、相続をメインの取り扱い業務に加えるのでしたら他業種と連携を取っていくことも念頭に置いた方がいいでしょう。

それでは、司法書士の先生が今後の取り扱い業務に相続遺言を選んだケースを解説していきましょう。

まず、相続遺言に関連する業務に関してのキーワードプランナーでの3C分析での分析調査の結果は、相続関連でも遺言関連でも市場規模としての検索ボリュームは十分ですし、顧客ニーズについても申し分ありません!

また、相続遺言という業務には緊急性があることが多いので、ネット集客に向いている取り扱い業務だと言えます。

大手の事務所の中には全国展開に近いレベルで相続遺言の業務に対応をしているところもありますが、今回のように新しく取り扱い業務として相続遺言を選択するのであれば、仕事を受託する商圏はある程度絞る必要があるでしょう。

次に、相続遺言に関する3C分析の競合相手の分析調査ですが、競合相手のランディングページに専用のものを使用している事務所も多く、さらに競合相手の多くは大手の事務所を含めて多岐に渡ってきますので、競合相手のランディングページはしっかりと分析調査する必要があります。

相続遺言での競合相手の相談料、着手金、費用などのランディングページの情報はしっかりと分析調査をして、競合相手に負けないように、ユーザーを事務所サイトの問い合わせに誘導するための敷居は下げておかないと競合相手に後れを取ることになってしまいます。

次に、相続遺言のSEOに関しては、かなり多くの相続遺言に関するページがよく作りこまれているので、ロングテールのキーワードの上手く選択して、多くのキーワードを上位表示させることで、SEOからの事務所サイトへのネット集客を狙っていく施策がいいでしょう。

また、相続遺言は仕事を受託する商圏を絞るので、ローカルSEOという施策も検討することができます。

SEOについては大手のサイトが上位表示されているとあきらめてしまいがちですが、SEOを始めるのに遅すぎるということはありませんので、相続遺言に関しての専門サイトを作成しコンテンツを少しずつでも充実させていくことで、徐々にですが確実に訪問者数は増えていきます。

相続遺言に関してのWEBサイトがSEOで上位表示されれば、先生ご自身のWEBサイトが費用をかけずにネット集客に繋がる大切な資産になりますので、ぜひ少しずつでもSEOは進めていいただきたいと思います。

また今後、相続遺言を事務所の主力業務の1つに選択していくのであれば、本体の事務所サイトの他に相続遺言の専門サイトを作成して、その専門サイトをSEOしていく方が後に他の業務への展開を考えますと柔軟性があってお勧めになります。

リスティング広告の相続遺言に関してのクリック単価はまずまずの価格で、相続遺言での事務所サイトへの問い合わせのCPA(相談単価)に関しては、現状では1万5千円程度が予想されますがランディングページの最適化と検索キーワードの精査、広告文の改善、入札戦略の最適化などで、相談単価(CPA)を安定して1万円以内に引き下げることが広告運用の目標になってくると思います。

相続遺言の相談単価が1万5千円以内に落ち着けば、50万円のリスティング広告の予算で30件程度の事務所への問い合わせを確保できますが、相続遺言に関しては相談の内容にいろいろなケースが考えられますので、受託の件数と売り上げに関しては予測が難しい業務だと思います。

相続問題に関してのディスプレイ広告の出稿はほとんど確認ができないのですが、ディスプレイ広告のリマーケティング広告に関してはかなりの効果が見込まれますので、ディスプレイ広告の配信はまだまだ可能性があり相続遺言の業務の受託が期待できます。

相続遺言に関する当社の総括になりますが、司法書士以外の資格も含めて現在でもかなりの数の事務所が相続遺言のネット集客に参入してはいますが、有料のリスティング広告に関してはまだそれほど競合性が高い業務ではありません。理由としては、相続遺言の受託の費用が債務整理などよりは安定していないことが原因として考えられます。相続遺言はネット集客のメインとして考えるとしても、リスティング広告は抑えめで運用を行い相続遺言の専門サイトをしっかりとSEOしていくことで長いスパンで安定したネット集客を考えていく方がいい業務だと判断できます。

ここまでで、司法書士の取り扱い業務に相続遺言を選択した場合のネット集客の分析調査! というテーマの解説は以上となります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!