事務所サイトへの検索からの流れを把握する!士業のwebマーケティング

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

事務所サイトへユーザーが訪問してくる検索からの流れには3種類のルートがあり、新しいユーザーを事務所ホームページに効率よく誘導するためには、3種類ある検索からの流れを把握する必要があります。

今回のブログでは、その3種類の検索からの流れであるSEO、PPC、MEOの3種類について解説をいたします。

今回のブログを読むと、大きく分けて3つの種類がある検索からの流れについて理解を深めることができます。

目次

ネット集客の成果を上げるために事務所サイトへの検索からの流れを把握する!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門の集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

今回のブログからは、事務所のランディングページ改善の話しから離れて、事務所サイトへユーザーからのアクセスを増やす施策について解説をいたします。

まず、事務所ホームページに訪れるユーザーは、直接URLや事務所名で検索するユーザーもいますが、その方たちはすでに事務所の顧客となっている方々です。

これから新規の顧客となりえるユーザーを事務所ホームページに誘導するためには、検索からの流れを知る必要があり、その流れには大きく分けて3つの種類があります。

その3つは、SEОPPCMEОの3種類になり、今回のブログではそれぞれについて解説をしていきます。

まずSEОについて、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション(search engine optimization)の略で、日本語で言うと検索エンジン最適化ということになります。

以下の画像は、グーグル検索で、「士業 ウェブマーケティング」というキーワードで検索した時の検索結果の画面です。

1番上位に広告が表示されている部分が後で説明するPPC(リスティング広告)のエリアで、その下の赤枠で囲まれた部分が自然検索でのSEОのエリアになります。

自然検索のエリアはグーグルのロボットが、検索してきたユーザーに対しどのページを表示させるのが最適なのかということを判断してランキングが作成されます。

SEОとは、このエリアの上位にご自身の事務所サイトを表示させるための施策になります。

SEОの特徴に関しては、たくさんの施策がありますが、ご自身で行えばすべて無料でできることが最大のメリットになります。

もちろん、SEО対策を仕事にしている会社もありますので、そちらにお願いをすれば費用はかかりますが、独立したてでお時間が取れるケースなどでは、しっかりとSEОについての知識を勉強してご自身でトライするのもがいと思います。

SEOに関しては手間はかかりますが、費用はかかりませんので、ノーリスクでトライできます。

SEOで成果が出た事務所サイトは、先生ご自身にとっての大切な財産になりますので、時間をかけて取り組んでいく価値があると思います。

それでは、SEОについて解説を続けていきますが、SEOでは狙ったキーワードで必ず上位が取れるわけではありません。

SEОで確実に上位表示ができるといった方法が確立されているわけではありませんが、上位表示を狙うための施策についての情報はたくさんありますので、その施策を創意工夫してトライしながら時間をかけてSEОを行っていく必要があります。

とにかく、SEОに関しては不確実で時間がかかるというマイナス面もありますが、ご自身が無料で行うことが可能なことと、上位表示されてしまえば、費用がかからずに集客ができますので、繰り返しになりますがご自身の事務所サイトの資産化という意味でも続けていくことに大きな意義がある施策だと思います。

次がPPC広告で、(pay per click)の略でクリック課金型の広告になり、日本ではリスティング広告という方が名前が浸透していると思います。

以下の画像は、グーグル検索で、「士業 ウェブマーケティング」というキーワードで検索した時の検索結果の画面です。

1番上位に赤枠で広告と表示されている部分がPPC広告(リスティング広告)のエリアです。

リスティング広告については、先生ご自身が指定したキーワードで広告を出稿したいのかを設定して、そのキーワードで検索された時の事務所サイトの広告を表示させることができます。

PPC(リスティング広告)はクリック課金型の広告でその名の通り、クリックされて初めて費用が発生する広告になります。

SEОと比較すると、リスティング広告はとても即効性がある広告で、広告を配信する設定が終われば約15分もあれば実際に広告の配信ができますので、今日から広告を出して集客をしたいという事務所様にも対応ができます。

リスティング広告はクリック課金型で、広告をクリックされ手始めて費用が発生いたしますが、クリック単価が高いものだと1回のクリックで1000円を超えるようなケースもあります。

基本的に法律関係のリスティング広告のクリック単価は、高額なものが多いと考えておいてください。

リスティング広告は即効性がある広告ですが、広告なので費用が発生するということは覚えておいてください。

最後が、MEОで、マップ・エンジン・オプティマイゼーション(map engine optimization)の略で、日本語で言うと地図エンジン最適化ということになります。

これはグーグル検索で、地名+キーワード「渋谷 ネイルサロン」などで検索した時に、検索結果にグーグルマップが出てくることがありますが、そのグーグルマップ上にご自身の事務所を表示させることができる施策で、事前にグーグルマイビジネスに登録する必要があります。

このMEОについては、通常のリアル店舗があるレストランや美容室などでは、とても重要な施策でMEОがうまくいくとかなりのユーザーを店舗に誘導することが可能になりますが、法律関係の事務所であればSEОやPPC(リスティング広告)と比較するとMEОの重要度は低いと思います。

さて、今回のブログでは、SEО、PPC、MEОという3種類の検索からの流れを説明いたしましたので、それぞれの名前ぐらいは覚えておいてください。

ここまでで、士業のwebウェブマーケティング検索からの流れを把握しよう!についての解説は以上になります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる