ディスプレイ広告の特徴と出稿について!士業のwebマーケティング

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

ディスプレイ広告は、バナー画像の完成度、広告文、入札戦略などの運用方法によって大きく成果が変わってきます。

また、ディスプレイ広告には多くの配信方法がありますが、その中でも1番費用対効果に優れている配信方法にリマーケティングがあります。

今回のブログでは、士業のwebマーケティングのディスプレイ広告の特徴と出稿について、またリマーケティングについても解説をいたします。

今回のブログを読むと、士業のwebマーケティングのディスプレイ広告についての理解を深めることができます!

目次

リマーケティングが効率がいいディスプレイ広告の配信について!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門の集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

今回のブログは、ディスプレイ広告の配信について解説をいたします。

ディスプレイ広告は、皆様がYahooニュースやGoogleで検索した記事などを見ていると、記事と記事の間に出てくるバナー画像の広告のことで、ディスプレイ広告には必ず小さく広告と書いてあります。

以下の画像の中で赤線で囲まれているのが、Yahoo JAPANの中に表示されているディスプレイ広告の一例です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告に関しても、リスティング広告と同様にGoogle広告とYahoo広告があり、それぞれでディスプレイ広告のバナー画像が表示される場所も形も大きさも違って様々なタイプがあります。

士業の関連でよく見かけるディスプレイ広告は、圧倒的に借金問題の解決が多く、借金減額シミュレーターといったディスプレイ広告が多く配信されています。

法律系のキーワードは検索連動型のリスティング広告の場合はクリック単価は平均的に高く500円から1000円ぐらいは普通で、場合によってはクリック単価が2000円を超えることもあり、かなり高騰していますので、クリック単価が10円から30円ぐらいのディスプレイ広告がすごくお得感があるような気がしますが、基本的にお問い合わせに繋がるのは、検索連動型のリスティング広告の方で、ずっと効率がいいです。

ディスプレイ広告の配信はユーザー配信面という大きく分けると2つの配信設定ができます。

まず、ユーザーに関しては、配信時間配信地域性別年齢興味関心世帯年収行動履歴といった、とにかく細かい設定をしてディスプレイ広告をそれぞれのユーザーに配信することができます。

法律サービスについてのユーザーの特定は少し難しいのですが、例を挙げれば広告主が若い女性向けのアパレル関係の会社であれば、「女性」「20代」「興味関心がファッション」などといったユーザーに向けて配信することでディスプレイ広告の効率がいい成果が期待できます。

また、配信面に関しては、どういう内容が書かれているページに広告を出すか、URL指定して直接広告を載せたいサイトにディスプレイ広告を配信することができます。

これも先ほどの広告主の例で言えば、若い女性向けのファッションの情報を発信しているサイトなどに、ディスプレイ広告を配信した方が成果があがりやすくなります。

ここで、今までのブログで解説をしたきた検索連動型のリスティング広告とディスプレイ広告の比較について考えてみましょう。

仮に1か月に30万円の予算で検索連動型のリスティング広告を配信するとして、クリック単価が仮に500円だった場合には、30万円の予算は1500クリックで消化してしまうことになり、1500クリックのうちの5%が問い合わせ繋がったとすると30件のお問い合わせが事務所サイトにきたことになり、そのうちの2割が実際に受託になったと仮定すると、1か月30万円の予算で6件のお仕事が受託になったことになります。

仮に1件20万円で仕事が受託できたとすると、120万円の売り上げになりますので、事務所の利益は90万円ということになります。

これをディスプレイ広告で考えると、1か月に30万円の予算でクリック単価が仮に10円だった場合には、30万円の予算を消化するのに30000クリックもかかることになります。

とても多くのディスプレイ広告がクリックされたことになりますが、その30000クリックの中から実際に仕事の依頼に繋がるかどうかは、検索連動型のリスティング広告のように売り上げの成果を予想することがとても難しいのがディスプレイ広告のデメリットになります。

また、ディスプレイ広告を配信する広告代理店の中には、ディスプレイ広告が多くのクリックがされますので、事務所の認知拡大にもなると提案してくる代理店がいますが、ディスプレイ広告で事務所の認知拡大を考えると数百万円から数千万円ぐらいの予算は軽く必要になりますので、数十万円程度では指名系の検索が増えることは絶対にありません。

当社でも長く検索連動型のリスティング広告とディスプレイ広告の配信をしていますが、お客様が検索連動型のリスティング広告のクリック単価が高すぎると考えて、ディスプレイ広告の10円~30円という安いクリック単価に魅力を感じてしまう気持ちもよく理解できますが、まずは検索連動型のリスティング広告で集客して、ディスプレイ広告はその補佐的な役割で配信するのがベストな選択だといえます。

検索連動型のリスティング広告は、ユーザーが直接検索したいキーワードを自ら打ち込みますので、そのキーワードに対する意識が非常に高いのですが、ニュースを見ていた時にたまたま見かけたディスプレイ広告をクリックしたユーザーの意識はそれほど高くないと想像できます。

ディスプレイ広告は、すぐに顧客になるわけではなく、その後に顧客となるかもしれない予備軍を発掘するような役割で、検索連動型のリスティング広告をサポートするという使い方が、士業の業務でのディスプレイ広告の1番正しい使い方になります。

士業の業務に関しては、そんなサポート的な使い方が向いているディスプレイ広告ですが、とても有効な使用方法があります。

それが、ディスプレイ広告のリマーケティング(Yahooではリターゲティング)という配信方法になり、1度ご自身の事務所に訪れたユーザーに対しディスプレイ広告を表示させることができます。

先生方も、例えばパソコン教室を調べた後に、たくさんのパソコン教室の広告が表示されて驚いた経験があると思います。

この配信方法は通称ストーカー広告とも呼ばれていて、1度閲覧したユーザーを追跡してディスプレイ広告を表示させることができますので、通常のディスプレイ広告と比較するとお問い合わせに繋がる確率は大幅に上昇します。

このディスプレイ広告の配信方法がリマーケティングといって、ディスプレイ広告の中で1番費用対効果に優れた配信方法になりますので、ディスプレイ広告を始める場合には、このリマーケティングでの配信が1番優先順位が高い配信方法になります。

極端に言いますと、ディスプレイ広告はこのリマーケティングでの配信ができるから利用価値が高いといってもいいと思います。

しかし、ここからが問題で士業の法律サービスの中には、とてもセンシティブな問題が含まれているケースが多くあります。

例えば、離婚を考えていて離婚のサイトをこっそりと閲覧したケースで、リマーケティングでの配信ができてしまうと、職場のパソコンや自宅の共有パソコンで、離婚の広告が何度も表示されてしまい非常に困ることになるからです。

ですから、当社のように法律業務でのディスプレイ広告の配信に慣れていれば問題ないのですが、一般の広告代理店は法律業務の中にはリマーケティングでの配信ができないことを知らない広告代理店も多いので、士業の業務でディスプレイ広告を検討する場合には、必ずリマーケティングでの配信が可能かどうかを事前に広告代理店に確認を取る必要があります。

せっかくバナー広告を作成してディスプレイ広告の配信をスタートさせても思ったような配信ができなということになってしますと、広告戦略の見直す必要が出てきますので、できれば法律業務の配信に詳しい広告代理店を選んだ方がディスプレイ広告の広告戦略はスムーズに展開できると思います。

ここまでで、士業のwebマーケティングのディスプレイ広告についての解説は以上となります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる