リスティング広告で1番重要な広告文の作成!士業のwebマーケティング

こんにちは、株式会社バウンスバックです。

リスティング広告はキーワード選定、広告文、入札戦略などの運用方法によって大きく成果が変わってきます。

当社が運用している法律サービスのリスティング広告の費用対効果は、広告運用する法律業務によっても変わりますが広告費に対し事務所の売り上げが3倍から5倍ぐらいが平均の成果になります。

今回のブログでは、士業のwebマーケティングのリスティング広告を運用していく上で1番重要といってもいい広告文について解説をいたします。

今回のブログを読むと、士業のwebマーケティングのリスティング広告の広告文についての理解を深めることができます!

目次

リスティング広告をクリックさせるために広告文がとても重要になります!

株式会社バウンスバックは、士業の事務所サイトの作成、事務所の認知の拡散、集客のための広告運用など、士業専門の集客に特化した手厚いサポートが自慢の制作広告会社です。

そしてブログは、士業のwebウェブマーケティングのリスティング広告の広告文!というテーマで解説をいたします。

以下は、Google 検索で「レンタルサーバー おすすめ」というキーワードで検索したときの検索結果になります。

赤い線で囲んでいる部分が検索連動型のリスティング広告の広告文になります。

前回お話しをしたキーワードの設定が上手くいって、ユーザーが検索した時にいろいろなキーワードで上位に表示される広告が増えたとしても、そこで表示された広告文がクリックされなければ、ユーザーがランディングページに訪れることはありません。

当社でも、広告文を改善することで、クリック率が上昇し、結果的に受託が増えることで事務所の売り上げが大きく増えることはよくあることなんです。

以前のブログで、LPO(ランディングページの最適化)というお話しをいたしました。

ランディングページの改善が上手くいけば、受託が2倍になることもあり、LPOは売り上げに直結する重要な施策だというお話しもいたしました。

その中で、PASONAの法則やキャッチコピーといったランディングページの受託率を改善する施策についての解説もいたしました。

しかし、ランディングページの最適化については、事務所サイトに訪問したユーザーからお問い合わせに繋げる施策ですので、事務所のランディングページに訪問してくれないことには、LPOの施策の意味がありません。

検索連動型のリスティング広告を出稿して、ユーザーが検索した結果、検索サイトの上位に事務所の広告が表示されても、その広告文がクリックされなければ、事務所のランディングページにユーザーを誘導できません。

そこで、とても重要になってくるのが、ユーザーが検索した画面に表示される広告文をどのように作成するかということになります!

そして、この広告文に関しては当社がリスティング広告を扱っていて思うことですが、キーワードの選定やキーワードの入札戦略を含めて、たくさんあるリスティング広告の設定の中でも1番重要だといっても過言ではありません。

また、広告文のクリック率が高くなると多くのユーザーを事務所のランディングページに誘導できるというメリットだけではなく、以前のブログでも解説した品質スコアにもプラスに影響いたしますので、検索キーワードの入札単価が下がる可能性があるといったメリットもあります。

まず、広告文の基本的な考え方は検索は質問であり、広告文はその回答であるという考え方で作成していきます。

そして、今までも3C分析やLPOで考えてきましたが、ご自身の事務所の強みを入れて広告文を作成するとクリック率も上がり、ユーザーからのお問い合わせに繋がる率も上がります。

リスティング広告の広告文はミニランディングページだという考え方で作成していただきたいと思います。

また、広告文にはご自身の事務所に依頼した場合のベネフィットを入れることはもちろんですが、実績などに関しては、多くの借金問題を解決しましたという書き方よりも2300件の借金問題を解決をしました!といった具体的な数字を広告文の中に入れることが効果的です。

広告文の作成に関しては、レスポンシブ検索広告といっていくつかの広告の文章を組み合わせて自動で最適な広告文を生成してくれる設定方法もあるのですが、法律サービスでのリスティング広告に関しては通常の広告文の方がクリック率が安定するケースが多いというのが当社での現在の状況になります。

ただし、取り扱い業務の内容によってレスポンシブ検索広告で広告文を作成した方が成果が期待できそうであれば、レスポンシブ検索広告の設定も試してみる必要があります。

リスティング広告の広告文に関しては、クリック率が改善されると事務所の売り上げに直接影響いたしますので、いろいろと試してみてクリック率が高い広告文を表示するようにしましょう。

キーワードの選定やキーワードの入札戦略と同様に、広告文についてもある程度先生ご自身で広告文の作成のノウハウを理解した上で広告代理店と二人三脚でクリック率の高い広告文を作成していきましょう。

ここまでで、士業のwebマーケティングのリスティングの広告文についての解説は以上となります。

以前のブログで、リスティング広告の費用対効果の解説をいたしましたが、リスティング広告でパフォーマンスを発揮する要因の1つが、リスティング広告を出稿する際に、どんな広告文で運用するかによってリスティング広告の成果は大きく変わってきます。

今までリスティング広告で結果がでなかった事務所様は、リスティング広告の運用をしていた広告代理店がクリック率の高い広告文の作成ができなかった可能性があります。

リスティング広告の広告文の作成は、とても重要で広告代店の腕の見せ所の1つなので、これを適切に行うことで、当社が以前のブログで解説したリスティング広告の費用対効果のパフォーマンスが実現できることになります。

このブログの内容について、ご不明点やご質問などがございましたら、株式会社バウンスバックのメールフォームから気兼ねなくご質問ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

事務所サイトを作成しネット集客に力を入れていきたいとお悩みでしたら
まずはお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる