会社案内– 株式会社バウンスバック –

パソコン

はじめまして、株式会社バウンスバックです。

士業の世界でも最近伸びている事務所の多くはネット集客に力を入れて莫大な売り上げをあげています。その中でもベリーベスト法律事務所、アディーレ法律事務所、司法書士法人みつ葉グループ、さむらい行政書士法人などがネット集客の技術に優れていて、その事務所たちの存在がネット集客のWEBマーケティングの優秀性を実証しています。

現在すでに事務所を経営していて、これから仕事の依頼を増やしていこうと考えている先生も、これから法律関係の事務所を開業して失敗だけはしたくないと考えている先生も、効率のいい事務所の仕事の受託方法としてネット集客を取りれないといった選択は考えられません。

この株式会社バウンスバックの会社案内に中には、失敗しないネット集客のポイントとして、士業の先生のネット集客を成功させるための有益な情報を多く載せています。また、この会社案内の内容をしっかり読むことで士業のネット集客についてのある判断ができるようになります。

株式会社バウンスバックの会社案内

ネット集客で安定した売り上げを確保する

まず、当社の実績ですが、今までにSEOで自己破産、会社設立、民事再生などのビッグワードでGoogle、Yahooで1位表示の実績あり、年商3億円以上の事務所の立ち上げからサポートまでの実績があります。

法律関連のネット集客で事務所の売り上げを伸ばす方法はとても単純で、より多くのお客様を事務所のホームページに訪問していただき、その訪問してきたお客様の中からより多くのお問い合わせをいただくことで実現することができます。

ネット集客のWEBマーケティングとは、事務所サイトに多くのお客様を誘導するステージと、その誘導してきたお客様からより多くの問い合わせに繋げるステージの2つから成り立っています。

ですから、正しくネット集客のWEBマーケティングを活用することができれば、今までより多くのお客様を事務所サイトに誘導することができますし、その中からより多くのお客様に仕事をお問い合わせをしていただけますので、正しくWEBマーケティングの活用ができれば現在すでに事務所を経営しているのであれば、より多くの仕事が受託できますので確実に事務所の売り上げを伸ばすことができますし、これから開業する先生であれば失敗することなく事務所を安定した軌道に乗せることができます。

ネット集客のWEBマーケティングには、2つのステージがあるとお話しをしましたが、まず1つ目のステージは先生の事務所サイトにより多くのお客様を誘導するための施策で、検索エンジンからユーザーを事務所サイトに誘導してくる施策とSNSなどを使ってユーザーを集める施策の2つになります。

そして、2つ目のステージは事務所サイトに誘導してきたユーザーから効率よく問い合わせに繋げる施策で、事務所サイトやランディングページを改善することで、事務所サイトに訪れてきたユーザーの受託率を大きく改善する施策になります。

先ほどもネット集客に成功しているいくつかの事務所名を出させていただきましたが、ネット集客に優れている事務所たちは今までお話しをしたWEBマーケティングの施策をとても精密に効率よくおこなっていることで、より多くのお客様をネット集客することに成功しています。

もちろん、当社でサポートしている事務所もネット集客で大きな成果をあげていますし、ネット集客のWEBマーケティングは正しくおこなうことで確実に事務所の売り上げアップに繋がりますので、これから事務所の売り上げをあげたいと考えている先生や今後開業を考えている先生であればネット集客のWEBマーケティングを始めないという選択肢はありません。

ネット集客のWEBマーケティングをやらないという選択は、確実に売り上げがあがる未来を捨てるのと同じだといえるぐらい、もし独立開業するのであれば失敗する確率をあげることと同じぐらい、大げさではなくWEBマーケティングを活用したネット集客にはそれぐらい費用対効果が実証されています。

それでは、WEBマーケティングについて、もう少し詳細な解説をいたします。

ネット集客のWEBマーケティングの1つ目のステージは先生の事務所サイトにより多くのお客様を誘導するための施策で、検索エンジンからユーザーを事務所サイトに誘導してくる施策とSNSなどを使ってユーザーを集める施策の2つになります。

この2つの施策の中でも特に重要になるのが各種検索エンジンを使ったユーザーの誘導で、SEO「Search Engine Optimaization」とPPC広告「Pay Per Click」(一般的にはリスティング広告といった方がわかりやすいと思います。)MEO「Map Engine Optimaization」の3種類があります。

まず、SEO「Search Engine Optimaization」の施策についてですが、SEOはGoogle検索やYahoo検索などの検索エンジンでユーザーが検索した時に先生の事務所サイトを検索結果の上位に表示させる施策のことをいいます。現在ではYahooのアルゴリズムはGoogleのものを使用していますので、SEO「Search Engine Optimaization」は、Googleの検索エンジンの対策ということになります。

当社でもSEOについての代行業務も行っていて、当初は1日ほぼゼロだったクリックが1年後には1日に200クリックぐらいまで伸びるケースが普通にあります。今お話ししたのは当社がサポートしている実例で、この事務所は離婚関連を取り扱い業務にしていてSEOを続けていて6カ月ぐらいからクリックが増えて約1年で1日200クリック程度まで成長しました。

SEOは時間がかかる施策ということで、同じようなSEOの技術であれば、やはり先行して始めた方が有利になるのは当たり前なことなので、今後先生がネット集客を積極的に行っていく気持ちがあるのでしたら、始めるのは1日でも早い方がネット集客を有利に展開することができます

次にリスティング広告についてですが、リスティング広告は法律業務のネット集客に特にマッチしている有料広告で、法律関係の費用対効果がとても優れている広告で、さらにリスティング広告は、いくら広告費を使っていくらの売り上げがあったのかを正確に把握できますので、費用対効果がわかりやすく、事務所の売り上げに対しての広告の出稿の設計がしやすいというのもメリットになります。

当社のリスティング広告の費用対効果は取り扱い業務によってもかなり変わってはきますが、大体費用対効果で3倍から5倍程度の業務が多く、現在リスティング広告の運用を広告代理店にお願いしていて、もし3倍(50万円の広告費で事務所の売り上げが150万円以下)を切るようであれば、何か大きな原因があると思いますので、リスティング広告のセカンドオピニオンなどで大きく費用対効果を改善できる可能性があります。

当社がサポートしている事務所で、ネット集客の取り扱い業務が自己破産がメインの事務所では、費用対効果が300万円の予算で最大で1800万円を超える売り上げまで到達いたしました。

現在のリスティング広告は、自動入札での運用がほとんどになりますので、リスティング広告の効率がいい運用のポイントはキーワードの選定と広告文のクオリティにかかってきますので、法律業務に詳しい代理店の方が間違いなくいい成果を出しやすいと思います。リスティング広告の運用でCPA(相談単価)が1万5千円から1万円に下がりますと、50万円の予算でも17件もお客様からの問い合わせ数が増えることになり。これは事務所にとっても大きな損失になりますので、リスティング広告の代理店選びは慎重に行いましょう!

2つ目のステージの先生の事務所サイトに訪れたユーザーの成約率を上げるためのWEBマーケティングの施策についてですが、先生の事務所サイトとリスティング広告用のLPO「Landing Page Optimization」ランディングページの最適化が中心になって先生の事務所サイトに訪問してきたユーザーからの問い合わせの成約率を上げることになります。

例えば事務所サイトに100人のユーザーの訪問があり、今まで平均5件の相談に繋がっていた状況から、LPO「Landing Page Optimization」でランディングページを最適化することで、平均10件の相談に改善するといった施策のことになります。

もし、5件の相談が10件になると仮定すると先生の事務所の売り上げは単純に2倍になりますので、ランディングページの最適化は売り上げに直結するとても重要な施策になります。でもこういったことはランディングページの改善で売り上げが2倍になることは普通にあることなので、事務所サイトやリスティング広告用のランディングページの制作も慎重に依頼をしましょう。

当社は事務所サイトのランディングページ及びリスティング広告用のランディングページの制作には自信があり、AIDCASの法則やPASONAの法則などを活用してユーザーの行動を意図的に促してユーザーのお問い合わせに繋げることができる効率がいいランディングページの制作にかなり自信があります。

当社の会社案内をここまで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

当社の会社案内を読んでいただいたことで少しは当社のことを理解していただけたと思うのですが、この会社案内のリード文で士業のネット集客についてのある判断ができると書いてあったのを覚えていますか?

そのある判断とは、ネット集客に関する最高のクオリティのWEBマーケティングは、当社に任せるのがベストだということです。

なんてことを書くつもりは全然なく、ここまで読んでいただくためのセールスライティングだったんです。

このように、1つの文章を入れることで人間の行動はある程度はコントロールすることができます。

大手企業のランディングページを見ると、様々な技術のセールスライティングのロジックに基づいたネット集客に優れた効率がいいランディングページの制作ができています。

そうした人間の行動を促すような事務所サイトやリスティング広告用のランディングページを作ることができれば、あとはそのサイトにユーザーを誘導すれば確実に売り上げに繋がります。

法律関係では、まだまだ優れているランディングページを見ることは少ないのですが、当社では事務所サイトもリスティング広告用のランディングページも他の制作会社と比較すると、遥かにユーザーからの問い合わせに繋がる効率のいいサイトの構築が可能になります。

事務所サイトやリスティング広告用のランディングページの制作にもある程度の費用はかかりますが、すぐにその数十倍になって回収することができますので、ぜひ当社のネット集客のスキルを先生のネット集客のサポートに取り入れることのご検討をよろしくお願いいたします。 無料でのお問い合わせ

ネット集客のWEBマーケティングは先生ご自身が完全に理解しているのがベストなのは間違いないのですが、先生によっては日々の仕事が忙しくネット集客で売り上げは伸ばしたいけど、ネット集客はWEBマーケティングに優れている会社に任せたいと考えている先生に向けて、株式会社バウンスバックは、ネット集客に特化したWEBサイトの作成、ユーザーの心理を熟知したランディングページの作成、SEOでの事務所サイトのクリックの大幅な増加、法律業務に特化したリスティング広告の運用など、ネット集客での売り上げアップのサポートについて、どんなことでもご相談は無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。無料でのお問い合わせ

社 名 の 由 来

バウンスバックはゴルフ用語で、悪いスコアで上がった直後のホールで、それよりいいスコアで上がることをいい、英語の意味自体も跳ね返るや悪い状況から立ち直ることをいいます。

史上最強のプロゴルファーとして有名なタイガーウッズもバウンスバック率がとても高い選手として知られています。

会社や事務所を経営していれば、いい波の時もあれば、逆風の時もあると想像できますが、どんな時でもバウンスバックできるようにと、そんな縁起のいい単語からインスパイアを受けて我が社の社名にいたしました。

会 社 概 要

スクロールできます
社名株式会社バウンスバック
代表者 松 本 健 一
所在地 〒152-0031 東京都目黒区中根1-2-17 ノア都立大705
連絡先 お問い合わせはメールにてお願いいたします。
事業内容ホームページの作成、ランディングページの作成
リスティング広告の運用、ディスプレイ広告の運用

ネット集客での売り上げアップのサポートについて、どんなことでもご相談は無料です、ぜひお気軽にお問い合わせください。無料でのお問い合わせ

現在は今見ていただいている法律関連のWEBサイトの「株式会社バウンスバック」と「サムライ集客ガイド」以外にも「ぽんちゃんの毎日が小春日和」「ぽんちゃんのカワウソブログ」「ぽんちゃんの癒しの美容ブログ」「ぽんちゃんの副業ブログ」の4つブログと、ブログやWEBサイト制作の「Graceleaf」を運営しています。また「モジャ夫のブログで稼ぐ方法」も運営しています。